>> 未経験から「ブログを仕事にする」メール講座はこちら

【GA4版】記事ごと(ページごと)のアドセンス収益を個別に確認する方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
【GA4版】記事ごと(ページごと)のアドセンス収益を個別に確認する方法

Google Adsenseの管理画面を見ていて、RPMが異常に高いor低いと気になったことはありませんか?

そんな時に確認したいのが、記事ごとアドセンス収益です。

どの記事がブログの収益性の貢献していて、逆にどの記事の足を引っ張っているのかを把握することで、具体的な改善施策を打つことができます。

そこで今回は、1記事ごとのアドセンス収益を確認する方法をご紹介いたします。

ここでご紹介する方法は、記事ごとのRPM(インプレッション収益)を確認する方法ではありません。

ただ本記事の方法を使えば、個別にRPMを割り出すことが可能です。

\アドセンス以外の広告を解説/ 
目次

記事ごとのアドセンス収益を確認するのが大切な理由

記事ごとのRPM

まずそもそもですが、なぜ記事ごとにアドセンス収益の確認をする必要があるのか?というところですね。

それは、RPMが下がっている、もしくは上がっている要因を正確に把握するためです。

特にトレンド系メディアの場合、1つの記事に一気にアクセスが集中することも多いでしょう。

そうすると、その記事単体のRPMが極端に低い場合、全体のRPMが低く見えてしまうことがあります。

仮に月間30万PVのブログがあったとして、

1つの記事(20万PV)…RPM100円  ▶収益2万円

その他多数の記事合計(10万PV)…RPM400円  ▶ 収益4万円

という状態だった場合、RPMは200円です。

ユミ

RPM低っ!なんとか改善しないと(焦)

そう思いブログ全体の広告配置を変更してしまうと、1つの記事”以外”の収益性が悪化してしまう事態にもなりかねません。

せっかく他の記事のRPMは全体的に高めに出ているにも関わらず、これは非常にもったいないことです。

多くの記事において均等に収益性が下がっているのであれば、全体の広告配置を見直すのが効果的な方法です。

しかし、アクセスを集めている数記事”単体”で収益性が低いのであれば、当該記事のみリライトや修正をすればOK。

RPMが低い要因を把握することで、改善施策が変わってくるということですね。

確認する方法は2つ

記事ごとのアドンセス収益やRPM(1000PVあたりの収益額)を割り出す方法は2つです。

  • アドセンスの管理画面で確認する
  • アドセンスとアナリティクスと連携して、アナリティクス上で確認する

どちらの方法でも可能ですが、②ではRPMを算出するために、一度データをダウンロードする必要があります。(アナリティクス上では収益しか見れない)

そのため、簡単なのはアドセンスの管理画面から確認する方法です。

アドセンスから確認方法(①)はこちら

記事ごとのアドセンス収益を個別で確認する2ステップ【GA4版】

記事ごとのインプレッション

記事ごとのRPMを確認する目的をご理解いただいたところで、実際のやり方についてです。

これに必要な工程は2つ。

  1. アドセンスとアナリティクスを連携する
  2. アナリティクス(GA4)で確認する

一つずつ解説していきますね!

手順1:アドセンスとアナリティクスを連携する

記事ごとのアドセンス収益は、アナリティクス上で確認することができます。

そのためには、アドセンスとアナリティクスを連携しておきましょう。

連携手順については、以下の記事で解説していますのでご参考に。

連携直後はレポートが表示されません。その場合、時間を置いてから以下の手順2を実行ください。

手順2:アナリティクス(GA4)で確認する

連携できたら、いよいよアドセンスの収益を確認していきます。

GA4のトップページから「レポート」を選択します。

アナリティクスからの確認方法

「ライフサイクル」→「収益化」→「パブリッシャー広告」を選択します。

アナリティクスからの確認方法2

アドセンス広告のデータが表示されます。

アナリティクスからの確認方法3

現在「広告ユニット」ごとの表示になっていますので、上の赤枠で囲った部分をの下矢印ボタンから、「ページとスクリーンクラス」に変更します。

アナリティクスからの確認方法4

そうすると、ページごとの表示に切り替わるので、これで記事ごとの広告収入を確認することができます。

アナリティクスからの確認方法5
ユミ

画面右上から期間の設定ができますよ。基本的には全期間で見ていかれるといいでしょう。

どうやって記事ごとの数値分析をしたらいいの?

どうやって記事ごとの分析をしたらいい?

ページごとの収益額を、どのように見て改善に繋げていけばいいかを最後にご説明いたします。

冒頭の繰り返しになりますが、この方法ではRPM(ページのインプレッション)を確認することはできません。

RPM一覧を確認したい場合は、このデータをCSV形式でダウンロードしてGoogleスプレッドシートで呼び出し。

個別に計算式を入力して、全記事分に適用していく(オートフィル機能を使うと便利)のが早いでしょう。

アナリティクスからの確認方法7

RPMの算出方法

ただしスプレッドシートを使い慣れていない方からすると、計算式を組むのがハードルが高いと感じられるかもしれません。

その場合、

  • 数字(PV数)が大きい記事
  • 収益金額が大きい記事

これらをピンポイントで見れば、どの記事がブログ全体の収益に貢献しているか(もしくはしていないか)がわかるはずです。

PV数が大きい記事の収益性が悪ければ、その記事単体で広告配置や数を見直せばOK。

逆に、PV数はそこまで多くないにも関わらず、収益金額が大きい記事があれば、その記事が全体のRPMを引き上げている可能性も考えられます。

特にPV数が偏りやすいトレンド系のサイトであれば、このような傾向が見られることも珍しくないでしょう。

色々と数字を眺めてみると面白い発見があるかもしれませんよ。

ブログ全体の収益性を上げるなら…

  • アドセンスだけでは収益が振るわない
  • アカウント停止のリスクヘッジとして、他の収益源も欲しい

そんな場合は、アドセンス以外の他社の広告を使用することをおすすめいたします。

クリック報酬型・インプレッション報酬型の広告というのは、何もアドセンスだけではありません。

私は2019年からアドセンス以外の他社の広告を試していき、これまでテストした広告の数は50以上。

中にはアドセンスと同等か、それ以上の収益を付ける広告もあります。

その結果、現在の私が運営するサイトの広告収益の比率は、

アドセンス:他社広告=1:1

になっており、なんとアドセンス一本でブログを運営していた時と比べ、収益性が約2倍に改善しています。

ユミ

同じアクセス数でも収益が2倍になっていると考えたら、他社広告のインパクトの大きさがわかりますね!

そんなアドセンス以外の広告会社の情報については、メルマガ読者さま限定で公開しています。

メールマガジンにご登録いただいた方限定で、「本当に稼げる他社広告5選」をプレゼントしています。

他社広告

私が実際にテストした中で収益性の良い広告を厳選してご紹介していますので、ご興味がありましたら、ぜひメルマガにご登録してプレゼントを受け取ってくださいね!

※GmailやYahooメールをおすすめいたします。Hotmail、iCloudメールでは受信できないことがあります。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初心者向けのブログ術&アドセンスの収益化をメインに発信中/2019年に複数のクリック型広告を組み合わせる「他社広告戦略」を開発/これまでに約50種類の広告を試し、同じアクセス数でもブログの収益性を2倍以上に改善した事例多数/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信しています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次