メルマガ

最近気分が沈みがちなあなたへ

最近気分が沈みがちなあなたへ

※メルマガ最後にプレゼントあります

こんばんは、ユミです。

最近、
急に寒くなりましたね!

私もつい先日、
羽毛布団を引っ張り出してきて
冬支度を始めました。

個人的には、
食べ物が美味しい秋、
イベントが多い冬は大好きなんですが、

この時期に気をつけたいのが
身体と心の不調です。

急激に寒くなると
体調を崩しがちになる
というのはもちろん、

心のバランスを崩してしまう人も
多いものです。

「最近なんとなく
 気分が塞ぎがちなんだよね」

「何かこれといった理由が
 あるわけではないけど、
 落ち込んでしまって…」

その原因は、
気候によるものかもしれません。

 

◆ウィンターブルー知っていますか?

秋から冬にかけて
憂鬱な気分になったり
倦怠感が出てきたり
イライラしたり…

それは
冬季うつ(ウィンターブルー)の
せいかもしれません。

「うつ」と聞くと、
私は違うと思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、

これは誰しもが陥る
可能性のあるものです。

というのも、

冬に近づいていくと
日照時間が短くなっていき、

それに伴い
セロトニンが分泌されにくくなります。

セロトニンは、
別名「幸せホルモン」と言われ、
心身のバランスを整えてくれる伝達物質。

これは太陽の光を浴びたり
運動をすることで増加すると
言われているのですが、

冬になり日照時間が短くなると
分泌されづらくなってしまうのです。

東欧や北欧など
日照時間が短い国は自殺率が
高いことも有名ですが、

これにはそうした身体のメカニズムが
関係しているのです。

日照時間が短くなると
体内時計が狂ってしまい
朝布団から起きられなくなったり、

夜もなかなか寝付けず
食生活も乱れがちになることも
珍しくありません。

さらに!

寒くなってくると筋肉が萎縮し、
上半身がこわばります。

すると呼吸が浅くなり
交感神経のスイッチがオン。

同時に、
身体が緊張状態になり、
思考はネガティブに…。

なんとなく
気分が沈んでしまう裏には、
実は気候が影響していたんですね。

これを解消するためには、
セロトニンの分泌を促すべく
自然光を浴びるのが効果的◎

朝に散歩してみるのもいいですね!

気分が落ち込むと、

「元気をだそう!」
「落ち込んでたらダメだ!!」

と、根性論で気持ちを
立て直そうとしがちです。

しかし、
このような精神論は
往々にして失敗してしまうもの。

そうではなく、
気分を変えたいのであれば
まずは「行動を変える」こと。

太陽の光を浴びるという
具体的な行動によって
身体の状態が変わり。

それにより心の不調も
改善していくというわけですね。

身体と心は密接に関わっているので
まずは身体を整えることです。

 

◆不安な気持ちを解消する方法

気分の落ち込みと
切っては切り離せないのが
「不安感」なのではないでしょうか?

不安感と言っても色々ありますが、
中でも「漠然と将来が不安です…」という
ご相談をいただくことは多いものです。

不安感というのは
実態がない主観的なもの。

端的に言うと、
ただの思いこみであることも
少なくありません。

昨日の夜は
あんなに落ち込んでいたのに、
朝になるとあの時の気持ちはどこへやら…

誰しもそんな経験があることでしょう。

だからといって、

「思い込みなんだから明るく生きようよ!」

そんな風に言われて、
「そうだね!」と思える人はいないでしょう。
(いれば超ポジティブ人間…笑)

そんなに切り替え上手なら
そもそも悩まないだろうし、
不安感を持つこともないでしょう。

では、
どうやったらこの漠然とした
不安感から解放されるのか?

この答えも、
先ほどと同様「行動を変える」
ということです。

人間、暇な時間が多いと
ネガティブに考えるようにできています。

ブログの更新や何か目の前の作業に
没頭している時というのは、
人は不安を感じることが
できないようになっています。

文章を考えている時に、
「不安で不安でしょうがない…」
なんてことはないですし。

ゲームをしている最中に、
「将来どうしたらいいんだろう(鬱)」
ということもないでしょう。

しかし。

ふと時間ができると、
ぐるぐると頭の中で考え込んでしまうもの。

この場合、
持て余している時間があるというのが
ネガティブになっている要因なので、

「暇な時間を作らない」
というのが正解の動き方です。

私はこのような状態になったら、

「あ~時間があるからだ!仕事しよう」
「今日はもう寝よう」

という風に切り替えています。

なので、

感情の渦に飲み込まれて、
そこから這い上がれなくなることも、
それによってビジネスが
できなくなることもありません。

不安感に襲われたら、

「明るい気持ちで過ごそう!」
「こんなに考え込んだらダメだ」

と思うのではなく。

何か他のことをするという
”具体的な行動”に
フォーカスしていくことです。

これと似た話で、
仏教に有名な逸話があります。

ーーーーーーーーここからーーーーーーーー

お釈迦様のお弟子さんたちが
毎日瞑想の修行に励んでいたときのこと。

ある朝お釈迦様が、

「いつも瞑想のときは
 何も考えないようにと言っているけれど、
 今日は何を考えてもよい。

 どんな悪いことや淫らなことを
 想像してもよい。

 ただし、
 “猿”のことだけは考えないように」

と言ってその場を離れられた。

夕暮れになって
お釈迦様が戻ってみると、
何とそこには瞑想している
猿の群がいたという。

お弟子さん全員が
猿に変身してしまっていたのである。

一日中、

「猿のことを考えてはいけない、
 絶対猿のことだけは考えないぞ!」

と思いながら瞑想していたため、
結局は猿のことばかりを考えてしまい、
ついには猿に変身してしまったというのだ。

ーーーーーーーーここまでーーーーーーーー

この逸話は
人間の心の性質をうまく表しています。

「これがダメだ」と思えば思うほど、
”これ”に注意を向けてしまうのが
人間というものです。

不安感を解消しようとすると、
かえって不安にばかりに
目が向いてしまうということですね。

それほど、
人の心というのは制御が難しいもの。

だから、

気持ちを変えたいのであれば、
直接心にアプローチするのではなく
具体的な行動から。

猿のことを考えないようにするには
例えば運動してみるとか、
テレビを見てみるとか、
何か他の行動をしていくといいでしょう。

不安感から解放されたいのであれば、
ブログに没頭してみるのも
おすすめです(笑)

この考え方ができるようになると、
無駄に感情に流されたり、
自己嫌悪になることも
本当に少なくなります。

ビジネスは自分との戦いです。

こうした心の持ち方を
「知識」として知った上で、
上手に活用できるようになるといいですね。

 

 

P.S.

メルマガ読者さんから
記事の書き方について
ご相談をいただきましたので、
急遽このような記事を公開しました!

↓↓

トレンドブログの記事の書き方総ざらい!
型(テンプレート)や文章構成まとめ

トレンドブログ記事の書き方テンプレート
トレンドブログの記事の書き方総ざらい!型(テンプレート)や文章構成まとめいざブログを書こう!と思っても、「実際にどんな風に書けば良いの?」とわからないことも多いですよね。 私自身、初心者時代は記事の書き方が...

↑↑

「記事を書くのに
 やたら時間がかかってしまう…」

「書いているうちに迷子になってしまう」

そんな方は学びのある内容に
なっているかと思います。

ブログに没頭して
季節性のネガティブを
吹き飛ばしていきましょう!

ではでは。

\自由度の高い働き方を叶えたいあなたへ/

※コンサルの募集に関しては、不定期にてメルマガ読者さま限定にご案内しております。

ABOUT ME
ユミ
ブログコンサルタント(主にアドセンス)/複数のネット広告を組み合わせて、収益性の高いブログを作るのも得意/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信中
ブログで毎月+20万収入アップをする方法▶▶
見てみる
未経験からブログで月収20万を叶える方法▶▶
見てみる