プラグイン

WordPressの投稿画面を元に戻すプラグイン『Classic Editor』の導入方法

Classic Editor(元の投稿画面に戻すプラグイン)

「WordPressが更新されて、投稿画面が変わってしまった!」

「元のように戻したい」

そんな方におすすめのプラグイン『Classic Editor(クラシックエディタ)』

今回は、Classic Editorの導入方法と、Classic Editorのサポート期間をご紹介いたします。

WordPressの新エディタ・Gutenbergについて

Classic Editorの導入方法

WordPress5.0に搭載されたビジュアルエディター・Gutenberg(グーテンベルク)

Gutenbergの名前の由来は、活版印刷を発明したヨハネス・グーテンベルクからとったもので、今回新しい機能が多く追加されています。

Gutenbergでは、「ブロック」という機能によって、見出し、文章、画像などの要素を組み合わせて作成することができます。 HTMLを記述しなくても、リッチなページを簡単に作成できるようになります。

(出典:Gutenbergの便利な使い方とテーマ対応状況

投稿画面を元に戻すプラグイン『Classic Editor』の導入方法

便利な機能が追加されたとはいえ、旧エディタを使い慣れている方にとっては、新エディタは非常に使いづらいと感じてしまいますよね。

そこで、投稿画面を元の旧エディタに戻すプラグイン『Classic Editor』の導入方法をご紹介いたします。

 

ダッシュボード画面『プラグイン』→『新規追加』をクリック。

キーワード欄に『Classic Editor』と入力し、『今すぐインストール』をクリックします。

Classic Editor(前の投稿画面に戻す)

『有効化』も忘れずに行っておきましょう。

Classic Editorは、設定など特に必要ありません。

 

インストール後、投稿画面を確認すると、旧エディタに戻っていることが確認できます。

Classic Editor(前の投稿画面に戻すプラグイン)

Classic Editorのサポート期間はいつまで?

とても便利なプラグイン『Classic Editor』ですが、今後も永久に使えるわけではありません。

WordPressの公式ホームページによると、Classic Editorのサポート期間は2021年12月31日までと記載されています。

Classic Editorプラグインは、2021年12月31日まで正式にサポートされる予定です。

(出典:Classic Editor Plugin Support Window

サポート期間終了後も、暫くはプラグインを利用できる可能性はあるものの、問題が起きた時に十分なサポートが受けられないなどの可能性もあります。

そのため、今後は徐々にGutenbergに慣れていく必要があるでしょう。

すぐに移行する必要はありませんが、Classic Editorにはサポート期間があることを頭の片隅に置いておくといいですね。

あとがき

無事、元の投稿画面に戻せましたでしょうか?

Classic Editorはとても便利な半面、サポート期間が設定されているため、使用する方は注意が必要です。

とはいえ、まだしばらくはサポートしてもらえますので、Gutenbergに抵抗がある方は旧エディタを使っていても問題ありませんよ。

 

◆お知らせ◆

ブログで収入を得たいという初心者の方へのコンサル受付中です*^^*

ご希望の方には詳細をお送り致しますので、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡下さいね。