>> 未経験から「ブログを仕事にする」メール講座はこちら

Googleのインデックス削除方法!反映されるまでの時間や日数は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
Googleのインデックス削除方法!反映されるまでの時間や日数は?

グーグルサーチコンソールを使うことで、記事単位でインデックスの削除申請をすることができます。

たとえWordPress側で記事を削除しても、検索結果上に残っていれば読者が目にしてしまう可能性があるのです。

それを防ぐために、記事削除とセットで行いたいのが、今回ご紹介するインデックスの削除依頼です。

ここでは、Googleの検索エンジン上から個別ページを削除する方法についてご紹介いたします。

\アドセンス以外の広告を解説/ 
目次

Googleのインデックス削除方法

削除リクエストを行う前には、必ずWordPress上で記事を削除、もしくは非公開にしておきましょう。(公開されている場合、申請エラーとなります。)

インデックス削除する方法は、2つあります。

サーチコンソールの「インデックス」機能を使う

一つ目が、サーチコンソールのインデックス機能を使う方法です。

「インデックス作成」内にある、「削除」をクリックします。

サーチコンソールからインデックス削サーチコンソールからインデックス削

 

「一時的な削除」→「新しいリクエスト」へ。

サーチコンソールからインデックス削除する方法2

 

「URLを一時的に削除する」タブで、URLを入力し、「このURLのみを削除」を選択し、「次へ」。

サーチコンソールからインデックス削除する方法3

サイト全体やディレクトリ全体のURLを削除削除申請したい時は、「このプレフィックスで始まるURLをすべて削除」を選択します。

 

「リクエストを送信」をクリックすれば、インデックスの削除申請は完了です!

サーチコンソールからインデックス削除する方法4

 

古いコンテンツの削除ツールを使う

もう一つの方法が、古いコンテンツの削除ツールを使うやり方です。

自分でページを削除しても、依然としてGoogle検索結果にページが表示されてしまうことがあります。

その場合に、「古いコンテンツの削除ツール」を使うといいでしょう。

古いコンテンツの削除ツールを使うには、Googleアカウントでログインする必要があります。

そして、古いコンテンツの削除ページにアクセスし、「新しいリクエスト」をクリックします。

古いコンテンツの削除

 

削除したい記事URLを入力し、「送信」すれば申請完了です!

古いコンテンツの削除2

送信した内容が承認されれば、インデックスが削除されるというわけです。

Googleのインデックス削除が反映されるまでの時間や日数

Googleのインデックス削除が反映されるまでの時間や日数

インデックスの削除にかかる日数はマチマチですが、早ければ一時間~遅ければ数日かかることもあります。

ユミ
Google側の承認状況次第…。

また、サーチコンソールのインデックス機能から削除しても稀に消えないことがあり、その場合は古いコンテンツの削除ツールを使うといいでしょう。

インデックス消えたかどうかについては、以下の方法で確認することができます。

インデックス削除の確認方法

インデックス削除の確認方法は、サイトコロン(site:)コマンドを活用して、Google検索します。

例えば、

site:https://ym-life.com/test123/

のように、site:の後にページURLを入力してエンターボタンを押します。

インデックス削除

 

「一致する情報は見つかりませんでした。」と表示されれば、インデックスが削除されている証拠です!

インデックス削除の確認

 

※インデックスが残っている場合、個別記事が検索結果にヒットします。

 

※GmailやYahooメールをおすすめいたします。Hotmail、iCloudメールでは受信できないことがあります。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初心者向けのブログ術&アドセンスの収益化をメインに発信中/2019年に複数のクリック型広告を組み合わせる「他社広告戦略」を開発/これまでに約50種類の広告を試し、同じアクセス数でもブログの収益性を2倍以上に改善した事例多数/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信しています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次