メルマガ

アフターコロナに生き残るブログ戦略

アフターコロナに生き残るブログ戦略

こんばんは、ユミです。

最近専ら読書にハマっているのですが、
改めて『本を読む』って良いですね。

今まで知らなかった新しい知識を得たり、
今まで触れたことのない価値観に触れたり、
悩んでいたことの解決の糸口が見つかったり。

最近は、本を読むのが
楽しくて仕方ありません♪

でも実はこれまで、
読書に苦手意識があったんですよ。

(読み始めても、一冊読み終えた試しがない。笑)

ですが、
メンタリストDaiGoさんの『超読書術』に

—————————————-
そもそもの挫折の原因を知ることが大事
—————————————-

とあり、
挫折の原因を探っていくと・・・

「完璧主義すぎる」ということが判明。

・本のどの部分に集中すべきか選べない

・隅から隅まで読まないと
 気がすまないため時間がかかりすぎる

という自分自身の性質を理解してからは、
少しライトにポイントを押さえて
本を読めるようになり。

最近では
一週間に1~2冊くらいのペースで
新しい知識を身につけていっています。

もし本を読むのが苦手~!という方は
『知識を操る超読書術』で
挫折原因を探ってみるのがおすすめですね!

さて。

最近のブログ界隈の出来事でいえば
新型コロナの影響で
アドセンスの単価が減少傾向にあります。

加えて、
5/5に行われたGoogleのコアアップデートで
ブログのアクセス数が落ちてしまった方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、
こういった様々な荒波がある中でも
ブログで長期的に生き残っていくための
戦略をお伝えしようと思います。

この戦略をうまく使えば
もしアドセンスの収益が落ちてしまっても
致命傷になることはありません。

また、

今回お話する考え方ができるようになると
人生単位で大きな失敗をするリスクを
減らすこともできます。

メルマガの最後には
新型コロナによるアドセンスへの影響と対策について
メンターの結城さんとの対談をご紹介していますので
最後まで読んでいただければ嬉しいです!

◆アフターコロナに生き残るブログ戦略

今回の新型コロナを受けて
実店舗を持つお店は
大変な状況になっていますよね。

飲食店は休業を余儀なくされていますし
レナウンやゴールドジムといった大手企業ですら
経営破綻に追い込まれています。

※私が通っているライザップも現在休業中です。
そのせい(?)で若干リバウンド気味。笑

また、

これから徐々にコロナの余波が広がり
連鎖倒産が起きるのではないかという話もあります。

そしてこれは
何もリアルな店舗を持つ企業に
限った話ではなく。

ネットをメインの活動拠点とする
ブロガーやYouTuber、アフィリエイターさんにも
少なからず影響が出ているのが現状です。

SNSを見ていても、
アドセンスの収益減に悩むブロガーさんが
多くいらっしゃいますし。

広告が停止され収益がゼロになってしまった
YouTuberさんや、

好調だった案件が突然停止され
収入が1/10になってしまった
アフィリエイターさんもいらっしゃいます。

突然こんな未来がくるなんて、
誰も想像だにしていなかったことと思います。

ただ、

こんな事態になって
私自身これだけはやっていて
良かったな~と思うのは、

『他社広告を導入、テストを繰り返してきた事』

少し前までのブロガー業界(?)では
クリック報酬型の広告といえば
アドセンスがセオリーでした。

「アドセンス以外の会社?
 いやいや、期待できないでしょ」

「私も他の会社入れたことがあるけど
 あんまり収益上がらなかったよ~」

当時はそんな声も多かったのですが、
そもそもアドセンス一本に頼ることに
私自身が疲弊していたんですよね。

「アドセンスの単価が下がった!(ガーン)」

「PV増えたのに、収益下がってるやん…!泣」

といったことも、
一度や二度ではありません。

なので、
どうにかして他の会社を導入し
収益をアップさせようとしました。

その後、

試行錯誤を繰り返した結果、
現在ではアドセンスに頼らない
ブログ運営ができるようになったり。

コロナの影響で
アドセンスの収益性が悪化したと
先月コンサルにお申込いただいた方からも

「収益が倍近くになっています!」

「アドセンスを外してるのに
 月収20万円を超えました♪」

といったご報告をいただき、
自分が色々と試行錯誤してきた経験が
誰かのためになっているのは
素直に嬉しいな~としみじみ感じています。

◆アドセンスと他社広告のミックス戦略が最強!

このような経緯もあり
現在私がおすすめしているのが
アドセンスと他社広告のミックス戦略。

というのも、
アドセンスと他社の広告では
そもそも特徴が全く違うんですね。

アドセンスを運営するのは
誰もが知る巨大企業・Google。

Googleの強みとしては、
経営基盤がしっかりしているため
安定性が抜群というところでしょうか。

※この安定性とは、
単価が安定しているという意味ではなく
『経営の健全性』ということです。

一方で、

こうした大きな企業ほど
大胆な戦略を打ち出しにくかったり
トラブル対応に時間がかかる傾向にあります。

対して他社広告は、
Googleのような莫大な資金力がない一方
細やかな対応ができるといった
強みがあるんですね。

コロナの影響で、新規ユーザーの
広告審査ができないGoogleを横目に
他社広告は僅か一日で審査が完了。

※会社によって差はあります

ブログを立ち上げて
3日でマネタイズできる
スピーディーさもありますし。

一人ひとりに担当者がついて
細かなサポートが受けられます。

また、

アドセンスの単価下落の穴を埋めるため
新しい広告戦略を打ち出す会社も
現れ始めています。

つまり、
Googleとその他の会社では
全く強みが違うというわけですね。

そのため、

両者をうまくミックスさせることで
「良いとこ取り」をしていこうというのが
おすすめしている広告戦略になります。

このように、

それぞれ全く別の特徴を持ったものを
組みわせることでリスク分散が図れ
収益が安定するというのは
何もブログも限った話ではありません。

その際たる例が投資でしょうか。

もともと私は
金融機関で働いていたこともあり
趣味で少し投資をしています。

株式や投資信託といった
オーソドックス(?)なものがメインですが
投資をしていると良く耳にするのが

『卵はひとつのカゴに盛るな』

という言葉。

複数の卵(お金)を同じカゴ(商品)に入れていると
カゴを落とした際に全ての卵が割れてしまうので
卵は色んなカゴに分けて入れましょう、

という投資の格言です。

投資資金を特徴の全く違う商品に投資する
「分散投資」の考え方を推奨したものですね。

そして、
ブログを運営する場合もこの考え方は有効です。

例えば。

2つ目のブログを立ち上げる際も
1つ目と全く同じ特徴のサイトにすると
Googleのコアアップデートなどで
同様の影響を受けてしまうリスクが高まります。

一方、
全く異なるジャンルのブログを持っていたら、

「こちらのブログは収益が落ちてしまったけど
 こっちは全く影響がなかった!」

という風に、リスクを分散し
影響を最小限に抑えることができます。

ブログやビジネスの世界で
長期的に生き残っていくには
この「分散させる」といった
考え方を持つ必要があるのです。

◆他社広告導入は、”試してみること”から

他社広告を導入して
収益を分散させた方が良いとわかっても

「何から始めれば…?」

と、戸惑うことも多いと思います。

・どんな会社が良いのか
・自分のサイトと相性の良い広告は?
・何社くらい入れるべきなのか

などなど、
最初はわからないことだらけですよね。

そこで私がおすすめしたいのは、
『まずは1社を入れてみる』というもの。

ネットなどで評判の良い会社を調べ、
実際にブログに導入してみるのです!

私自身、
最初の一歩は、たった1社を
試しに入れてみたことから始まりました。

そうすることで、
自分の中で一つ”基準”ができるんですよ。

「アドセンス以外の会社って
 このくらいの収益が出るのか~」

と。

そうすると、

「他の会社の収益性はどうなんだろ?」
「こっちの配置の方が収益上がるんじゃ…?」

と考えるようになり。

この繰り返しで
気づけば10社以上の広告会社さんと
お取引をするようになっていました。

たった一人の個人が
複数の法人と取引できるのは
それだけで市場価値が高まりますし。

収益の柱を
アドセンス一本に依存しなくなったことで
心理的にもかなりラクになりました。

そして、
こういった試行錯誤を繰り返しながら
どんどん新しい知識を学んでいきました。

このように言うと
全て順風満帆に進んだかのように
聞こえるかもしれませんが、
実のところ失敗の方が多かったんですね。笑

10社以上の会社とお取引しても
実際に高い収益を上げてくれるのは
そのうちの2~3社。

また、

これまで色々な広告配置を試しましたが
「これは効果がある!」と思えたのも
かなり少なかったんですよ。。

それでも、
トライアンドエラーを何度も繰り返し
時にはブログの収入減と闘いながらも・・・

※ブログの収益が落ちるとリアルに凹みます↓

なんとかノウハウとして
体系化することもできました。

※現在ノウハウをまとめた教材を作成中です

ビジネスで長期的に生き残っていくには、
この「試す」という感覚が非常に大切で。

——————————

きみたちの事業は、
試してみた結果失敗に終わったんじゃない。
試すこと自体が欠落してたんだ。

——————————

日々努力するなら、
きみは可能性を高めることができる。

もう、10回中9回も失敗することはない。
きっと、10回中8回で済むよ。

——————————

25万部を売り上げた本
『仕事は楽しいかね?』の一節です。

日々、試行錯誤をしていけば
問題解決への糸口が見つかったり。

今やっていることの成功確率を
10%→20%に上げられるという教えです。

この10%→20%という数字を
どう感じるかは人それぞれですが、

まさにこれまで私が
やってきたことの成功確率って
このくらいだったなと思います。

ブログを書いても
しっかりアクセスが集まった割合は
2~3割くらいだったし。

他社広告を試す中でも
高い効果を上げてくれた運用方法は
同じくらいの割合でした。

だからこそ、
この1割→2割に上がるのは
結構すごい数字だと思っていて。

だって、
100回やれば10回成功する回数が
増えるわけですよ。

1000回やれば100回多く成功するんです。

成功確率が20%になれば
月収10万円くらいなら
普通に稼げるようになるし。

広告を運用して
同じアクセス数でも収益を1.5倍にしたり、
アドセンス一本に頼らない
ブログ運営をすることも可能になりました。

逆に、

“試す”という思考を持てなければ
気づいた時には時代の波に
取り残されてしまったり。

アドセンス一本に依存し続けた結果
ある日突然、収益が半分になってしまうことも
リアルな現実として考えられるでしょう。

現在、

飲食店の多くが窮地に立たされていますが
出前やテイクアウトの需要に気づき
そういった新しい試みを行うお店の方が
生き残る確率は高いだろうし。

日々多くのことに挑戦している人の方が
結果的に大きなものを得られるというのは
言うまでもありません。

これからの時代を生き残るために
新しい風を取り入れていくことは
どの業界でも必須でしょう。

もちろん、
最初から全てを完璧にやる必要はありません。

※完璧主義を貫くと、
 本一冊も読めなくなります。笑

私自身、
成功体験より失敗体験の方が多いですし、
新しいことを覚えるのは苦手です。

なので、

最初は軽い気持ちで「試してみる」
くらいのノリでいいと思います。

そうすることで新しい世界が見え、

「今度はこんなことを試したい!」
「あんなことをやってみたい!!」

と思えるようになるものです。

少しずつでもいいので、
日々の生活や仕事の中で
何か新しい試みをやっていけるといいですね。

それでは本日はこのへんで!

PS.

先日結城おさむさんと
『コロナによるアドセンスへの影響と対策』
について対談を行いました。

※You Tubeに飛びます

他社広告についても
お話していますのでぜひ御覧くださいね!

それではまた!

◆Twitterでもブログや広告運用のノウハウを配信しています。
ユミのツイッターはこちら

ABOUT ME
ユミ
ユミ
ブログコンサルタント(主にアドセンス)/複数のネット広告を組み合わせて、収益性の高いブログを作るのも得意/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信中