メルマガ

他社広告を導入する際に確認したい3つのポイント

他社広告を導入する際に確認したい3つのポイント

こんばんは、ユミです。

本日のメルマガは、
既にブログを実践されている方向けに
『他社広告』のお話をしようと思います。

ーーーーーーーーーー

◆他社広告とは?

『Google AdSense』以外のネット広告のこと。

アドセンス”以外”の広告という意味で
このように呼んでいます。

ーーーーーーーーーー

というのも、
最近他社広告のお問合せを
いただくことが多いんですね。

今年は、新型コロナの影響で
アドセンスの単価が落ちてしまった方も多く、
他に良い広告がないかを探されていたり。

中には、
会社側から提案メールを受け取って
「他社広告って、実際のところどうなの?」
と気になっている方も多いのではないでしょうか。

ネット広告業界は非常に流れが早く、
ここ1年の間を振り返っても

・取引実績の多い人気広告会社のサービス停止
・収益性の良かった会社の単価が半分以下に
・ネット広告の規制を強化する流れ

などなど、
様々なことが起きています。

また、
ここ数ヶ月の間にも
新しい広告会社がどんどん設立されていて
情報が流動的になりやすい性質があります。

そこで今回のメルマガでは、
時代性に左右されない普遍的な知識を

【他社広告の導入時に確認したい3つのポイント】

と題して、お伝えいたします。

具体的な広告のご提案については
ブログの特性や数値面を見ないと難しいのですが、
今回ご紹介する内容であれば
どんな会社でも応用できるかと思いますよ!

他社広告の導入を検討されている方は
ぜひご覧くださいね。

◆他社広告を導入する際に確認したい3つのポイント

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①広告の特徴
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず初めに確認したいことが、
その会社が主にどんな広告を扱っているか、
というところです。

一言に「ネット広告」といっても、

・女性案件に強い
・男性案件が豊富
・美容広告が多い

など、色んな特徴があるんですね。

中には、

「うちの会社は女性案件が多いので、
 男性ユーザーが多いブログはちょっと…」

と、ブログの内容次第で
掲載を断れられてしまうケースもあります。

私は、1年ほど前から
複数のネット広告を使った
広告コンサルをしているのですが、

この仕事をしていると、
「どの会社がおすすめですか?」
と聞かれることが多いんですね。

この質問に一言で答えるのは難しく。。

というのも、
正直、”ブログによる”んですよ。

「この会社はトレンド系のブログと相性が良い」
「この広告は男性比率が多いブログにおすすめ」

など、
広告によって特徴が全く異なります。

また、
例えば同じトレンド系のブログであっても
ブログによって収益性が全然違うことも。

そのため、
現在の状況を詳しくお伺いしないと
「この会社がおすすめ!」というのは
一概にはいえません。

なので、

他社広告の担当者から提案を受けた際は
その会社の特徴をヒアリングし、
自分のブログと相性が良いのかを
まずは確認してみると良いですよ!

内容次第では、
「別の広告の方が良いかも…」と
いうケースもありますので。

※ブログのユーザー属性を知っておくと
 相性の判断もしやすいですので、
 こちらの記事も参考に確認してみてくださいね!

ユーザー属性の調べ方は?年齢層や性別の確認方法!【アナリティクス】サイトのユーザー属性を調べたいと思ったことはありませんか? 年齢層や性別などの訪問者の属性を知っておくことは、サイトを運営をする上で非...

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
②掲載箇所やデバイスに制限はあるか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、
広告によっては掲載箇所やデバイスに
制限があるケースも。

「うちの広告は記事下限定だよ~」

とか、

「この広告に限っては、記事上部しか掲載不可」

というような場合ですね。

デバイスについては、

「うちの広告は、スマホでしか表示されません」
(※つまり、PCには表示不可)

ということもよくあります。

これを確認せずに話を進めてしまうと、
いざ導入してみたは良いものの
「思ったように広告が表示されない…!」
なんてことにもなりかねません。

特に、
スマホ限定の広告は多いですし、
会社によってはスマホ表示とPC表示で
タグが分かれているケースもありますので
ここは事前に確認されておくと良いですね!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③同じタグを同一記事内に設置できるのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3つ目のポイントは、
同じタグを同一記事内に設置できるのか、
という点です。

アドセンスに慣れている方は、
同じタグを一つの記事内に複数貼るのは
当たり前の感覚なのではないでしょうか?

しかし、
広告会社によっては
これができないケースがあります。

例えば、
同じディスプレイ広告を記事内に3つ貼る場合、

・広告タグ1
・広告タグ2
・広告タグ3

と別々のタグを発行してもらう必要があります。

そのため、
プラグインなどを使って
同じタグを一括で本文内に貼っている場合、

「この枠だけを他社広告に貼り替える」

という対応が難しくなるんですね。

他社広告においては、
アドセンスと同じ感覚で使えないことも
珍しくないですので、

「アドセンスと違うところはどこか…?」

という視点を持てると良いですね!

◆他社広告を導入したら最低一ヶ月は様子を見よう!

これらのポイントを担当者に確認し、
実際に他社広告を導入したら
最低一ヶ月は様子を見ていくと良いですね。

数値が悪いと「すぐに貼り替えよう!」と
思ってしまいがちですが、
これはちょっと待った!です。

というのも、
広告の数値は短期的にかなり変動します。

アドセンスをイメージいただけると
わかりやすいのですが、
昨日と今日で単価やRPMが全然違う、
というのはよくありますよね?

他社広告も同じで、
一日単位で見ると収益性は全く異なります。

会社によっては、

ーーーーーーーーーーーーーーー

最初の数週間は
どの広告案件と相性が良いのかテストしてみて
そのデータがとれてから、案件の調整をしよう

ーーーーーーーーーーーーーーー

という運用をしているところもあります。

そのため、
少し長い目線(月単位)で
収益性を見ていくようにしましょう!

また、
短期間に収益を見ない方が良い理由は
もう一つあります。

それは、

広告の数字ばかりが気になってしまって
記事の更新が疎かになってしまう、

というもの。

新しい広告を試し始めたら、

「今日はいくら収益が出ているだろう?」
「アドセンスと比べてどうかな?」

と、気になって気になって
仕方がなくなってしまうんですね。

私自身、
これが原因で、記事の更新が
手につかなくなった過去があります。苦笑

そうすると、
収益が良かった場合は喜んで、
反対に低かった場合は落ち込んで・・・

と、広告の管理画面を見ては
一喜一憂してしまうんですよ。

◆ブログで成果を出すには感情の波を少なくすること

このように感情のブレが激しくなると、
どうしても目の前のことに
集中することが難しくなります。

学生時代に、
毎日夜遅くまで
皆で文化祭の準備を張り切ってやったものの、

いざ終わってみたら
「なんか喪失感が…」となるのも。

嵐の活動休止で「嵐ロス」になり
仕事や学校に行けなくなる人が続出したのも。

この感情の波が影響してるんですね。

高揚していた気持ちが一気に落ちると、
人は途端にやる気が
なくなってしまう傾向があります。

そのため、
ビジネスで成果を出すためには
いかにこの”感情の波を作らないか”が重要。

広告の収益画面を一日単位で見てしまうと・・・

昨日「やった!めちゃくちゃ収益出てる♪」
 ↓
今日「今日の収益ショボ…。」

と、気持ちに落差を生んでしまうんですね。

これが続けば
モチベーションを回復させるのは
容易ではありません。

もちろん、

毎日見ることで
おおよその数値感が掴めてきますし
何かトラブルなどで広告が外れていた場合
すぐに気づくことができるメリットもあります。

ただ、

ブログの世界で成功していくためには
感情に波を作らない工夫は必要です。

他社広告の導入であれば、

『一週間に一度しか管理画面を開かない』

とするか、
もし難しい場合は

『収益を見るのは、一日の終わりだけにする』

のようにルールを決めてしまうことで、
日中のパフォーマンスに影響しないように
することもできますよ。

今日は少し上級者向けのお話になりましたが、
これから他社広告を導入してみたいという方は
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは!

◆Twitterでもブログや広告運用のノウハウを配信しています。
ユミのツイッターはこちら

ABOUT ME
ユミ
ユミ
ブログコンサルタント(主にアドセンス)/複数のネット広告を組み合わせて、収益性の高いブログを作るのも得意/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信中