広告運用

サイトの収益性を測る『RPM』と『全体RPM』の考え方について

サイトの収益性の測り方

少し前まで「クリック報酬型の広告といえば、Google AdSense一択」と考えられていましたが、近年様々なネット広告会社が台頭し始めました。

私自身、お取引する広告会社の数は10社を超えましたし、現在もサイトの収益性を改善すべく、新しい広告をテストする日々です。

ただ、複数の広告を一つのサイトに掲載していく場合、どのように収益性を判断したら良いか悩まれるのではないでしょうか?

そこで本記事では、サイトの収益性を測る指標である『RPM』と『全体RPM』の考え方、またそれぞれの計算方法についてご紹介いたします。

RPMについて

アドセンスと他の広告を併用したRPM

RPMとは?

「RPM」は、Revenue Per Milleの短縮形です。(”Mille”はフランス語で1000を意味します)

RPMには、

  • インプレッションRPM
  • ページRPM

 

この2つがあり、AdSenseの公式では、それぞれ以下のように説明されています。

◆インプレッションRPM

インプレッション収益(RPM)は、表示回数 1,000 回あたりの見積もり収益額を表します。インプレッション収益は実際の収益額ではありません。見積もり収益額をページビュー数、表示回数、またはクエリ数で割り、1,000 を掛けた値です。

(出典:インプレッション収益(RPM) – AdSense ヘルプ

 

◆ページRPM

1000インプレッションあたりのページ収益(RPM)は、見積もり収益額を受け取ったページビュー数で割り、1000を掛けて計算されます。

(出典:Page RPM  - AdSense ヘルプ 訳

 

つまり、

  • インプッションRPM…広告1000回表示あたりの収益額
  • ページRPM…1000PVあたりの収益額

 

とご理解いただければOKです。

一般的によく使われるのはページRPMの方ですので、本記事でもページRPMの概念を使用してご説明していきます。

※以下、「RPM」はページRPMを指します。

計算方法

<計算式>

RPM=(見積もり収益額÷PV数)×1000

例えば、10,000PVのアクセスがあり、収益額が3,000円のサイトの場合、

RPM=(3,000÷10,000)×1,000=300

となり、RPMは300円ということになります。

同様に、10,000PVのサイトで収益額が6,000円出ている場合、RPMは600円ということになりますね。

つまり、RPMの数字が高い方が、サイトの収益性が高いといえます。

全体RPMについて

全体RPMとは?

これに対して、本記事では「全体RPM」という概念を用いて、サイトの収益性をご説明いたします。

RPMがアドセンス一本でサイトを運用した際の数値であるのに対して、「全体RPM」はアドセンスに加え、他の広告も全て合わせた時の1,000PVあたり収益額とご理解ください。

『全体RPM』という用語は、他社広告を含めたサイトの収益性を判断するために、ユミが独自に使用しているもので、アドセンス公式のものではありません。

計算方法

<計算式>

全体RPM={(アドセンス+他社広告の見積もり収益額)÷PV数}×1000

例えば、10,000PVのサイトに、アドセンスと他の広告会社A~Cを採用し、以下のような収益が出ているとします。

アドセンス 4,000円
他の広告A  2,000円
他の広告B  1,000円
他の広告C   500円

この場合、

全体RPM={(4,000+2,000+1,000+500)÷10,000}×1,000=750

となります。

月間100万PVクラスのサイトになると、全体RPMが300円違うだけで30万円の差になりますので、収益性を上げるためには、全体RPMをいかに上げられるかがポイントになります。

全体RPMを伸ばすためには?

全体RPMを上げる上で大切なことは、主に3つです。

  1. 他の広告会社を入れていく
  2. サイトのPV数を増やす
  3. 広告のテストをしていく

他の広告会社を入れていく

言うまでもありませんが、全体RPMはアドセンスの収益性に加え、他社の広告を合わせた概念のため、この数値を上げるためには、他の広告会社を入れていく必要があります。

導入にあたっては各社審査がありますので、一社一社クリアしていきましょう!

サイトのPV数を増やす

他社広告の導入にあたっては、会社によって審査基準が異なります。

  • 月間10万PV
  • 月間30万PV
  • 月間50万PV

 

など、各社導入難度が異なりますので、サイトのPV数を増やすことで、より多くの会社とお取引が可能になります。

「導入基準は高いけど、収益性の良い」という会社もありますので、まずはサイトのアクセスアップを目指していきましょう!

広告のテストをしていく

無事審査に合格したら、サイトに広告を掲載していきます。

ネット広告の中には、

  • バナー広告
  • インフィード広告
  • オーバレイ広告
  • レコメンド広告

などなど、様々な種類の広告がありますので、どの広告が自分のサイトと相性が良いのかテストしていきましょう!

併せて、広告の掲載位置(記事上部or下部)も検討していかれると良いですね。

あとがき

RPMと全体RPMの考え方は、慣れるまでは難しく感じられるかもしれませんね。

ただ、ブログの収益性を測る上で不可欠な概念ですので、繰り返し復習していただき、しっかりマスターしていきましょう!

◆Twitterでもブログや広告運用のノウハウを提供しています。
ユミのツイッターはこちら

◆ぜひプロフィールもご覧ください。
ユミのプロフィールを見る

在宅ブログで副収入を得る方法を公開中!
見てみる