プラグイン

文字装飾がサクッとできる!TinyMCE Advancedの設定方法を解説

TinyMCE Advanced

ビジュアルエディタで記事作成をしている方におすすめなのが「TinyMCE Advanced」というプラグイン。

ビジュアルエディタの説明

 

最初に設定しておけば、文字の装飾をボタン一つでできるため、作業の効率化を図ることができます。

ビジュアルエディタユーザーの方は、必ず導入しておきましょう!

TinyMCE Advancedとは?

TinyMCE Advancedは、WordPressのプラグインの一つ。

文字に下線を付けたり

フォントサイズを大きくしたり

文字に背景色を付けたり

…といった装飾が、自分好みにサクッとカスタマイズできますよ。

WordPressの標準機能でも最低限の装飾はできますが、このプラグインを入れておくことで、より細かい設定が可能になります。

TinyMCE Advancedをインストールしよう

それでは、早速プラグインをインストール方法から確認していきましょう!

WordPressダッシュボード画面『プラグイン』→『新規追加』をクリック。

WordPressのプラグインをインストールする方法

 

『TinyMCE Advanced』と入力し、画像のプラグインが表示されたら、『今すぐインストール』をクリックします。

TinyMCE Advancedのインストール方法

 

インストールされたら、忘れずに『有効化』しておきましょう!

検索しても見つからない場合は、こちらからダウンロードしていきましょう!

TinyMCE Advancedをダウンロードする

ZIP形式のプラグインをインストールする方法
検索で見つからない場合に有効!ZIP形式でプラグインを直接インストールする方法WordPressの初期設定が一通り完了したら、次に取り組みたいのが各種プラグインのインストールです。 ブログ教材などを見ながら進めて...

TinyMCE Advancedの設定方法

有効化が完了したら、次は設定していきましょう!

『設定』→『Advanced Editor Tools(TinyMCE Advanced)』をクリックしてください。

TinyMCE Advancedの設定方法

 

現在使用しているエディタ(ブロックエディタorクラシックエディタ)を選択します。

TinyMCE Advancedの設定方法2
エディタの選択を誤ると、投稿画面で設定が反映されません。

 

以下の赤枠で囲った部分が現在未使用のボタンですので、この中で記事編集時に使用したいものを上に移動します。

TinyMCE Advancedの設定方法3

 

例えば、背景色を付けたい場合、「背景色」の項目を、メニュー一覧にドラッグ&ドロップしていきましょう!

TinyMCE Advancedの設定方法4

 

メニュー一覧に追加されればOK。

TinyMCE Advancedの設定方法5

 

最後に、『Save Changes(変更を保存)』を忘れずに。

設定が反映されているか確認しよう

最後に、実際の投稿画面で設定が反映されているか確認していきましょう!

『投稿』→『新規追加』をクリック。

 

先ほど設定した「背景色」が追加されていることがわかります。

TinyMCE Advancedの設定方法6

 

試しに文字を書いて、装飾がうまくできるかチェックしてみましょう!

TinyMCE Advancedの設定方法7

TinyMCE Advancedの設定方法8

しっかり装飾ができましたね!

あとがき

今回は、記事作成の作業効率化に人気のプラグインである「TinyMCE Advanced」をご紹介しました。

ビジュアルエディタユーザーは非常に便利ですので、ぜひご自身で一番使いやすくカスタマイズしてみてくださいね♪

\時間や場所にとらわれない働き方を叶えたいあなたへ/

ABOUT ME
ユミ
ユミ
ブログコンサルタント(主にアドセンス)/複数のネット広告を組み合わせて、収益性の高いブログを作るのも得意/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信中