プラグイン

コピペ(パクリ)防止プラグイン『WP-CopyProtect』の設定方法を解説!

コピペ防止プラグイン

「書いた記事を、ライバルサイトにパクられてしまった!」

そんな経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私自身、せっかく時間をかけて書いた記事をコピペされたこともあり、またそのサイトが自分より上位に表示されてしまい、悔しい思いをしたことがあります。

ブログの運営歴が長くなり、検索エンジン上での影響力が増すにつれて、このような問題はどうしても避けられないものです。

そんな方におすすめしたいのが、コピペ防止用のプラグイン『WP-CopyProtect』。

このプラグインを使えば、文章の範囲選択をして記事をコピペをしたり、ユーザーによる右クリックを防止することができます。

今回は、WP-CopyProtectのインストール手順や設定方法をご紹介いたします。

コピペ防止プラグインを入れるメリット・デメリット

コピペ防止プラグインの説明

まず初めに、WP-CopyProtectを導入するメリットとデメリットを簡単にご説明しますね。

メリット

このプラグインを入れる何よりのメリットは、ライバルサイトによる文章のパクリ防止です。

せっかく時間をかけて書いた記事を真似されることは何よりも憤りを感じるものですが、実はコピペされてしまうことによるリスクは他にもあります。

それは、記事がパクられることで、検索エンジン上に全く同じ文章の記事が2つ存在してしまうようになるということ。

理論的には、

先に記事をアップしたサイトが「オリジナルコンテンツ」
後からアップしたサイトが「コピーコンテンツ」

と認識されるのが正しいのですが、コピペサイトの方がドメインが強い場合、そちらが上位に表示してしまうことも珍しくありません。

そうすると、どちらのサイトがコピーなのか判別不可能な状態となり、最悪の場合、先に書いたサイトがコピーコンテンツとして判断されてしまう可能性もあります。

Googleはコピーコンテンツ(複製されたコンテンツ)を嫌うため、こうした記事が増えれば、最悪の場合ペナルティの対象になることがあります。

このような対策をするのは、パクられることによる心理的ダメージを避けるのはもちろん、悪質なサイトから記事を守り、サイトそのものの評価を傷つけないようにするためなのです。

デメリット

一方で、このプラグインを入れるデメリットもあります。

それは、右クリックやコピーができなくなることで、ユーザビリティが低下してしまう点。

例えば、記事を読んでいて「このキーワード何だろう?調べてみよう」と思った場合、その単語をコピーして、そのまま検索することもあると思います。

そこでプロテクターがかかっていると、当然そのような調べ方はできなくなりますよね。

そのため、ノウハウを解説するような専門的なサイトの場合、このプラグインを導入することで、ユーザーの利便性を損ねる可能性があります。

一方、トレンドサイトのように比較的ライトな記事が多い場合、そもそもこうした調べ方をすること自体が少ないですので、プラグインを導入するデメリットは少ないといえます。

トレンド系のような「速さ重視」で記事を上げるサイトほど、同じ話題を扱う機会が多くなり、結果的に記事をパクられやすいという性質もありますので、必ず今回ご紹介するプラグインで対策しておきましょう!

WP-CopyProtectをインストールする

プラグインをインストール手順について、ご説明しますね。

ダッシュボード画面『プラグイン』⇒『新規追加』をクリック。

WordPressのコピー防止プラグイン

 

キーワード検索欄に『WP-CopyProtect』と入力し、WP-CopyProtect [Protect your blog posts]を『今すぐインストール』。

WordPressのコピー防止プラグイン2

 

インストールが完了したら、忘れず『有効化』しておきましょう!

WordPressのコピー防止プラグイン3

WP-CopyProtectの設定方法

有効化ができたら、ダッシュボード画面に『WP Copy Protect』が追加されるので、クリックして設定画面に移動します。

WP Copy Protect設定方法

 

WP Copy Protect設定方法2

①Disable right mouse click:右クリックの設定

  • Do not disable right click:右クリックを禁止しない
  • Disable right click and do no show any message.:右クリックを禁止し、メッセージを表示しない ※おすすめの設定
  • Disable right click and show message :右クリックを禁止し、メッセージを表示する

ここでは、右クリックを禁止にしておくことが望ましいです。

この設定をしておくことで、画像やテキストの一括コピーはもちろん、サイトそのものの情報や記事に関する細かいデータを見ることができなくなります。

また、右クリックされた際に、ユーザーにメッセージを表示させたい場合は3番目で指定可能ですが、特にこだわりがなければ真ん中の設定にしておくと良いでしょう。

②Disable text selection:テキストの選択

この項目は必ずチェックを入れておきましょう!

これを設定しておくことで、テキストの選択&「Ctrl+C」より、文章のコピーができなくなります。

③Display protection information:保護情報の表示

この項目にチェックを入れていれば、サイトのフッター部分にディスプレイの保護情報を表示させることができます。

ここはチェックを入れる必要はありませんので、そのままでOKです。

④User Setting:ユーザー設定

  • Exclude admin users.:管理者を除外する ※おすすめの設定
  • Exclude all logged-in users.:ログインしているユーザーを除外する
  • Apply settings to all users.:全てのユーザーに設定を適用する

ここでは、「管理者を除外する」を選択されると良いですね。

このように設定しておくと、WordPressを運営する管理者のみ、右クリックや記事のコピペができる状態のままにしておくことができます。

※複数人でWordPressを運営している場合は、真ん中を選択すると良いでしょう。

ここまで設定できたら、『Save Settings』を忘れず押してくださいね。

あとがき

WP-CopyProtectでコピペ防止をすれば、文章がパクられることはかなり少なくなるかと思います。

サイトの記事を守るためにも、特にトレンドサイトを運営されている方は必ず導入するようにしていきましょう!

◆Twitterでもブログや広告運用のノウハウを提供しています。
ユミのツイッターはこちら

◆ぜひプロフィールもご覧ください。
ユミのプロフィールを見る

在宅ブログで副収入を得る方法を公開中!
見てみる