>> 未経験から「ブログを仕事にする」メール講座はこちら

【JINR】トップページを自分で作った固定ページ(サイト型)に設定する方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
【JINR】トップページを自分で作った固定ページ(サイト型)に設定する方法

WordPressのデフォルト設定では、サイトのトップページは「新着記事」が表示される仕様になっています。

これを、自分で作った固定ページ(サイト型)に変更する方法を、JINRユーザー向けにご紹介いたします。

\アドセンス以外の広告を解説/ 
目次

トップページを自分で作った固定ページ(サイト型)に設定する3ステップ

サイト型への変更に必要な手順は3つ。

  1. トップページの作成
  2. 新着記事一覧ページの作成
  3. 作成した固定ページの割り当て

以下に、1つずつやり方を解説いたします。

JINRで設定する方法

トップページの作成

まずは、トップページに設定したいページを作成します。

ダッシュボード画面「固定ページ」→「新規追加」をクリック。

固定ページ

 

以下の項目をそれぞれ設定していきましょう。

トップページを作る

 

  1. タイトルを決める(自分のわかりやすいものでOK)
  2. トップページを作り込む(表示させたい文章や項目を入力する)
  3. スラッグを決める(例:home)
  4. 記事を公開する

 

新着記事一覧ページの作成

トップページを自分で作ったページに変更することで、従来表示されていた「新着記事一覧」ページがなくなってしまいます。

そのページを用意するために、固定ページを作成しましょう。

ダッシュボード画面「固定ページ」→「新規追加」をクリック。

新着記事一覧ページを作る

 

新着記事一覧用に指定する固定ページは、機能的に「投稿ページ」と呼ばれます。

新着記事一覧ページは、読者から見てわかりやすい名称をつけておきましょう。(①)

スラッグについても任意のものでOKですが、「new」や「new-post」などが一般的です。(②)

ここまでできたら、公開をクリックしておきましょう。(③)

※新着記事一覧だけを表示するページで良ければ、タイトルだけを入れた空のページでも問題ありません。

 

作成した固定ページの割り当て

固定ページができたら、その記事をトップページに表示させるよう指定していきましょう。

「外観」→「カスタマイズ」→「ホームページ設定」

ホームページ設定

 

以下の項目を設定していきましょう。

ホームページ設定

 

ホームページの表示:固定ページ
ホームページ:トップページ(①で作ったページを指定)
投稿ページ:新着記事一覧(②新規記事一覧を指定)

ここまでできたら、「公開」ボタンをクリックしましょう。

トップドメインにアクセスしたら、①で作ったトップページが表示されるはずです。

ユミ
設定お疲れ様でした!

 

※GmailやYahooメールをおすすめいたします。Hotmail、iCloudメールでは受信できないことがあります。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初心者向けのブログ術&アドセンスの収益化をメインに発信中/2019年に複数のクリック型広告を組み合わせる「他社広告戦略」を開発/これまでに約50種類の広告を試し、同じアクセス数でもブログの収益性を2倍以上に改善した事例多数/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信しています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次