お役立ち

PayPay(ペイペイ)フリマの出品禁止商品は?金券や株主優待券は売れる?

PayPay(ペイペイ)フリマの出品禁止商品

2019年10月7日、ヤフーはメルカリに対抗するフリマアプリ『PayPay(ペイペイ)フリマ』の提供を開始しました。

このフリマアプリでは、売上金をPayPay残高にチャージできるほか、商品をPayPayで購入できるなどの利便性も確保。

これまでメルカリと楽天ラクマの二大巨頭だった市場に、Yahooが参入する形となっています。

そこで、そんなPayPayフリマの出品禁止商品についてご紹介いたします。

また、メルカリでは既に出品禁止となった金券類や株主優待券は売れるのでしょうか?

PayPay(ペイペイ)フリマがサービスを開始

ヤフーは、『PayPayフリマ』の提供をiOS先行で2019年10月7日に開始しました。

Android版の提供は10月末を予定されています。

PayPayフリマは、メルカリや楽天ラクマと同様、個人間で商品を売買できるのが特徴です。

手数料はメルカリと同様10%(ラクマは3.5%)と強気ですが、スマホ決済『PayPay』との親和性を武器に、メルカリに対抗するアプリになると予想されています。

メルカリとの違いは、値下げ交渉をするための「価格の相談」ボタンが設置されていること。

購入者は購入希望金額を入力して、出品者に希望価格を意思表示することができ、購入者はそれに応じる場合のみ、同意ボタンを押すと取引が成立する仕組みとなっています。

値下げ交渉を簡略化することで、ユーザーの利便性を向上させる狙いがあるものと考えられます。

PayPay(ペイペイ)フリマの出品禁止商品は?

PayPay(ペイペイ)フリマで金券や株主優待券売れる

メルカリに出品禁止商品があるように、PayPayにも出品が禁止されている商品が多くあります。

知らずに出品してしまうと、商品削除やペナルティの対象になる可能性もありますので、注意しましょう。

出品禁止商品は、以下の通りです。

少し長いですが、PayPay利用者は必ず目を通しておくようにしてくださいね。

出品禁止物

以下の商品の出品は禁止します。

  1. たばこ
    国産、外国産、入手経路(海外からのおみやげなど)を問いません。また、ニコチンを含有する電子たばこも含みます。
  2. 医薬品
    動物用医薬品、漢方薬、薬機法に基づく承認前後にかかわらず、自ら製造(他人に委託して製造する場合を含みます)または輸入したものも、一律出品できません。また、海外では健康食品とされている商品でも、日本国内では医薬品とみなされる成分を含んでいる場合がありますのでご注意ください。

    医薬品に関する表示のある物品のみを出品するには

  3. 化粧品(当社が化粧品と判断したものを含みます)のうち以下に該当するもの
    • 個人が製造したもの
      小分けまたは注文を受けて必要量を小分けするものもこれにあたります。
    • 個人で輸入したもの

      出品ルールを確認する

  4. 人体、臓器、細胞、血液
  5. 医療機器のうち、以下に該当するもの
    • 高度管理医療機器(コンタクトレンズも含みます)
    • 特定保守管理医療機器
    • 薬機法に基づく承認前の医療機器
    • 自ら製造(他人に委託して製造する場合を含みます)した医療機器
    • 自ら輸入(日本国外からの出品や発送を示唆するものも含みます)した医療機器
    • 針の付いた注射器、注射針および穿刺(せんし)針

      ご注意ください

  6. 毒物および劇物
    毒物及び劇物取締法に基づく販売業の登録の有無にかかわらず、出品できません
  7. 危険ドラッグ、精力剤、媚薬(びやく)、毒性植物などの、法令により販売などが禁止されていなくても、人体その他の生物体への毒性や刺激、興奮、精力増強等のために使用される性質を持つ、薬物、食品、植物等
  8. 食品や食材のうち、以下に該当するもの
    • 食品衛生法および都道府県条例の規定に違反しているもの

      関係法令を確認する

    • 個人が作ったもので、販売にあたり法令上必要な要件を満たしていないもの
    • 開封済みのもの、賞味期限や保存期間の短いもの、賞味期限が切れているもの
    • ふぐなど、取り扱いが難しいもの

      ご注意ください

  9. 動植物およびその器官のうち、以下に該当するもの
    • 動物の生体
    • 特定外来生物に該当する動物の生体および植物(卵や種子も含みます)
    • 象牙および象牙製品全般(全形牙、カットピース、端材、印材、製品の一部に象牙が用いられているものなどを含みます
    • 希少野生動植物種の個体等のうち、種の保存法に基づいて必要とされている登録等がないもの

      ご注意ください

       
  10. 製品安全4法(消費生活用製品安全法、電気用品安全法、ガス事業法、液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律)が指定する商品について、安全基準を満たす「PSマーク」がないもの
     
  11. 放射性物質を含むおそれがあるもの
    原子力に関連する法令の規制対象に限らず、以下に該当するものを禁止とします

    • 原子力に関連する法令の規制値を超える放射性同位元素を含むおそれのあるもの

      ご注意ください

    • ウラン化合物など、核燃料物質に該当するおそれがあるもの
    • ウラン鉱など、核原料物質に該当するおそれがあるもの
    • その他当社が該当すると判断したもの
  12. 銃器、弾薬あるいは主として武器として使用される目的を持つもの
    銃砲刀剣類所持等取締法の規制対象に限らず、以下に該当するものを出品禁止とします。

    • 銃器類(同法第14条に基づき美術品または骨董(こっとう)品として価値があるとして都道府県の教育委員会に登録された火縄式銃砲等の古式銃で、現代銃に改造されていないものを除きます)
    • 弾丸(使用済みも含みます)
    • 刀剣(上記同法第14条に基づき美術品として価値のある刀剣類として都道府県の教育委員会に登録がある太刀、刀、脇差し、短刀、やり、なぎなた、ほこを除きます)
    • ダガーナイフ
    • ボウガン
    • スタンガン
    • スリングショット
    • 催涙スプレー
    • 秘匿性の高い刃物
    • ヌンチャク
    • ナックルガード
    • 特殊警棒
    • 摸擬銃器、模造けん銃や改造エアガン、それらの部品
    • その他当社が該当すると判断した商品
  13. 携帯電話のうち、以下に該当するもの
    • 利用制限がかかった携帯電話、利用制限がかかるおそれがある携帯電話
    • 契約中の携帯電話、端末購入時の割賦金を完済していない携帯電話
    • 不正に入手された携帯電話
  14. 記名済みの航空券
  15. 転売する目的で入手したと当社が判断するチケット
  16. 議決権行使書面
  17. 個人情報、不正競争防止法に定める営業秘密
  18. 公的機関等の発行による免許、許可証、証明書
  19. 診断書、領収書などの詐欺・脱税の手段として用いられるおそれのあるもの
  20. 開錠工具、錠と一対になっていない鍵、マスターキーなどの、窃盗の手段として用いられるおそれのあるもの
  21. 盗聴器、超小型カメラ、赤外線カメラなどの、盗聴および盗撮の手段として用いられるおそれのあるもの
  22. 警察、消防、公共交通機関、郵便・運送業者等の制服や警察手帳、公的機関の身分証など、身分を偽るために用いられた場合に個人の住居、公共の危険が発生する場所等への侵入を容易にする可能性が高いと当社が判断した物品等
  23. 使用済みの商品のうち、以下に該当するもの
    • 体操服、スクール水着、学生服
    • 下着(補正用、ウエディング用およびマタニティー用のインナーウエア(下着)は、出品ルールを順守した上で出品が可能です)

      出品ルールを確認する

    • その他不衛生なもの
  24. 児童ポルノまたはそれに類する商品
    服装、肢体、タイトル、商品説明などから、18歳未満の者の性的な姿態を連想させるもので、漫画・アニメーション、フィギュアなどの商品も含みます。
  25. アダルト(わいせつ)関連商材
  26. 金融商品取引法に定める金融商品、仮想通貨、仮想通貨のハードウェアウォレット(ただし、当社が未開封の製品と判断したものを除きます)
  27. 電子決済の支払いに用いる読み取り端末やQRコード
  28. 現金、カード類、金券類

  29. 宝くじ、勝馬投票券、totoなど
  30. 著作権、商標権、パブリシティー権などを侵害する商品
    • 偽ブランド、真贋(しんがん)が不明であることを示唆している商品、無断複製した音楽CDや映画、ゲームソフト、コンピューターソフト、書籍、海賊版、テレビを録画したもの、あるいはそれらを記録した電子機器など
    • 権利者から貸与されている実態があると当社が判断したCD、DVD、ゲームソフト、コンピューターソフト、書籍など
    • アイドルなどのコラージュ画像(アイコラ)
    • その他、当社が上記権利を侵害すると判断できるもの
  31. 著作権を侵害するコンテンツのダウンロード先や入手方法を案内または提供するもの、および著作権を侵害する態様でコンテンツを電子的手段で送付するもの
  32. ゲーム内のキャラクター・アイテム・通貨などの電子データおよびウェブサービスのアカウント
  33. 以下をはじめとする無体物
    • サービス提供、役務全般
    • シリアルコードなど、電磁的手段で送付するもの
  34. 情報のうち、具体的根拠を伴わないもの
  35. レンタル品など、出品者への返送を必要とするもの
  36. 販売に際して法令で義務づけられている許認可や資格条件を満たしていない商品
  37. 法令により所持や売買が禁じられている商品
  38. 窃盗など不正な手段で入手した商品
  39. 商慣習上、相当な範囲を超えて現金等を取得させることを目的とした商品、またはそれらの可能性があると当社が判断した商品
  40. 犯罪に使用されるおそれがあると当社が判断した商品
  41. 公序良俗に反するもの、またはそれらの可能性があると当社が判断した商品
  42. 反社会的なもの、または反社会的勢力に関連するもの、あるいはそれらの可能性があると当社が判断した商品
  43. その他、法令に違反しているまたはその可能性があるほか、Yahoo! JAPAN独自の判断で不適当とみなす商品や本サービスの運営方針に外れた商品

(引用:PayPayフリマガイドライン細則)

PayPay(ペイペイ)フリマで金券や株主優待券は売れる?

PayPay(ペイペイ)で金券や株主優待券売れる

㉘にあるように、メルカリ同様「現金、カード類、金券類」は出品が禁止されています。

“例”の箇所のタブを開くと、

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • ギフト券
  • オンラインギフト券
  • プリペイドカード
  • 株主優待券
  • 切符など

と、株主優待券の売買も禁止されていることがわかります。

一方、楽天ラクマにおいては、同じく商品券やギフト券などの金券は禁止されているものの、株主優待券の売買は2019年10月現在問題なく行えています。

とはいえ、

その他金銭と同じ意味をもつもの

はラクマでも出品禁止商品として記載があるため、今後売買が規制される可能性も十分考えられます。

売買を目的として金券類や株主優待券を保有されている方は、今後ネット上での販売方法を再考した方が良いでしょう。

あとがき

メルカリの対抗するフリマアプリとして、PayPayフリマがリリースされました。

これから利用される方は、出品禁止商品(金券、株主優待券含む)をご留意の上、有意義にご使用くださいね。

PayPay(ペイペイ)フリマで売れない時は
PayPay(ペイペイ)フリマで売れない時に見直すべき5つのポイント2019年10月よりヤフーが『PayPay(ペイペイ)フリマ』のサービスを開始しました。 このフリマアプリでは、売上金をPayPay残...

 

◆お知らせ◆

ブログで収入を得たいという初心者の方へのコンサル受付中です*^^*

ご希望の方には詳細をお送り致しますので、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡下さいね。