プラグイン

トレンドブログのセキュリティ対策!SiteGuard WP Pluginを導入しよう

ブログを運営していて、最も怖いのがハッキングなどの不正アクセスですよね。

  • 知らないうちに第三者にログインされて、情報を抜かれていた
  • 身に覚えのない広告が勝手に貼られていた
  • ブログ内の情報が書き換えられていた

など、ブログ運営にはリスクもあるのです。

そこで今回は、セキュリティ対策必須のプラグイン『SiteGuard WP Plugin』の導入方法を解説いたします。

ユミ
ユミ
このプラグインを入れているだけでセキュリティレベルがグッと向上しますよ。

実はブログの情報は丸見えだった…!

そもそもなぜセキュリティ対策をしないといけないかと言うと、実はWordPressの情報は第三者から見ると割と丸見えなのです。

まずWordPressにログインするための管理画面ですが、

ブログURL/wp-admin/

と入力すると・・・

WordPressのログイン画面

このように、誰でもあなたのブログのログインページに到達することができます。

 

さらにさらに、

ブログURL/?author=1

と検索すると、”ユーザー名(ログインID)がURL欄に自動的に表示されてしまう”のです。

ユミ
ユミ
怖っ!つまり、パスワードさえバレたら誰でもログインし放題ってことー?!

WordPressって、セキュリティ面は結構ガバガバだったりするんですよね…。

そこで今回ご紹介するプラグインSiteGuard WP Plugin』を入れておけば、このログインページを第三者から隠すことができます。

SiteGuard WP Pluginでできること

SiteGuard WP Pluginでできること

今回ご紹介するプラグインでできるセキュリティ対策は、主に2つ。(細かく言うと色々ありますがざっくりと)

ログインページのURLを変更する

WordPressにログインする際のURLを、「ブログURL/wp-admin/」から、新しいものに変更することができます。

変更後に上のURLでアクセスしようとすると、エラーページが表示される仕様に切り替わります。

ハッカーからすると、「ブログに入る玄関がわからない…!」という状態になるため、ハッキングされるリスクを軽減することができますよ。

ログイン時に日本語認証する

もう一つの機能が、ログイン時に通常のパスワード認証に加えて、日本語認証の機能を付与することができるというものです。

ユミ
ユミ
ハッカーの多くは海外からのアクセスなので、この方法が有効なの。

何とかログインページを突き止めても、さらに日本語入力する必要があるということで、二重でセキュリティ対策できるというわけです。

SiteGuard WP Pluginのインストール方法

それでは早速、プラグインをインストールしていきましょう。

WordPressダッシュボード画面『プラグイン』→『新規追加』をクリック。

プラグインのインストール

 

『SiteGuard WP Plugin』と入力し、『今すぐインストール』をクリックします。

SiteGuard WP Pluginのインストール方法

インストールされたら、忘れずに『有効化』しておきましょう!

テキスト検索しても見つからない場合は、こちらからダウンロードしていきましょう!

SiteGuard WP Pluginをダウンロードする

ZIP形式のプラグインをインストールする方法
検索で見つからない場合に有効!ZIP形式でプラグインを直接インストールする方法WordPressの初期設定が一通り完了したら、次に取り組みたいのが各種プラグインのインストールです。 ブログ教材などを見ながら進めて...

ダッシュボード画面にログインする

有効化が無事完了したら、以下のようなメールが届きます↓

SiteGuard WP Pluginの設定方法

こちらが新しいログインURLですので、ブックマークしておきましょう!

このURLがわからなくなると、WordPressへのログインができなくなってしまいますので、必ずブックマークをお忘れなく。

 

そして、こちらのURLからログインしようとすると、既に日本語認証が適用されている形となります。

画像に表示されている日本語を入力して、ログインしていきましょう。

SiteGuard WP Pluginの設定方法2

SiteGuard WP Pluginの設定方法

無事ログインしたら、次はプラグインの設定です。

ダッシュボード画面『SiteGuard』をクリック。

SiteGuard WP Pluginの設定方法3

 

以下のような設定項目が表示されます。

SiteGuard WP Pluginの設定方法4
緑色のチェックが入っている項目が、現在有効になっている項目です。

 

プラグインを有効にした時点で、

  • ログインページの変更
  • 日本語認証

が自動適用されていることもあり、私自身は最低限の設定で利用しています。

ここでは、私が設定している項目をご紹介していきますね!

ログインページ変更

まず、必ずやっておきたいのが上から2つ目の『ログインページ変更』です。

オプションの箇所にチェックを入れ、『変更を保存』しておきましょう。

SiteGuard WP Pluginの設定方法5
この項目にチェックが入っていないと、「ブログURL/wp-admin/」を入力した時に、ログインページにリダイレクト処理されてしまいます。

また、自動的に割り振られたURLではなく、ログインページのURLを自分で決めたい場合はここで変更することも可能です。

 

この変更が適用されれば、「ブログURL/wp-admin/」で検索した際に以下のようなページが表示されます。

SiteGuard WP Pluginの設定方法6
ユミ
ユミ
これでWordPressへ入るログインページが見えなくなりましたね!

画像認証

次に、『画像認証』のページの解説です。

こちらはデフォルトで「ひらがな」が設定されていますが、これは特に変更する必要がありません。

というのも、ハッカーの多くが海外からアクセスをしてくることが多いです。

そのため、ひらがなにしておいた方がセキュリティ面がでは強いですので、こちらはしっかりと「ひらがな」になっていることを確認しておきましょう!

SiteGuard WP Pluginの設定方法7

ログインアラート

管理画面にログインしたり、何か設定を変更するなどした場合、ログイン情報をメールで受け取れるサービスです。

セキュリティを高める上では「ON」に設定しておいてもいいのですが、メールが届くのがめんどくさいな…ということであれば「OFF」にしておくといいでしょう。

SiteGuard WP Pluginの設定方法8
ユミ
ユミ
私はOFFにして使っています。

更新通知

『更新通知』に関しても同様です。

WordPressやプラグインの更新の度に、メールで通知を受け取るのが面倒…という場合はこちらもお好みで変更していきましょう。

ちなみに、私は以下のような設定にしていますよ!

SiteGuard WP Pluginの設定方法9

あとがき

主に設定する項目は以上となりますが、「もっとセキュリティを強化したい!」という場合は、他の項目も有効にしていくといいですよ。

ただ、設定項目を増やせば増やすほどセキュリティ面は強化される一方、煩雑な処理も増えていく傾向にあります。

例えば、何か更新される度にメールが届いてしまったり、『フェールワンス』といった項目を有効にすると、正しい入力をしてもログインが一度失敗してしまうなど…。

なので、このあたりはバランスを見ながら設定項目を検討していくといいでしょう。

しっかりとセキュリティ対策を行って、安心してトレンドブログを運営していってくださいね!

\時間や場所にとらわれない働き方を叶えたいあなたへ/

ABOUT ME
ユミ
ブログコンサルタント(主にアドセンス)/複数のネット広告を組み合わせて、収益性の高いブログを作るのも得意/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信中
未経験からブログ起業でフリーランスになる方法
無料メルマガはこちら
未経験からブログで稼ぐ方法を無料公開中!
メルマガを見る