>> 未経験から「ブログを仕事にする」メール講座はこちら

【解決】Bulk Datetime Changeがインストールできない原因はPHPバージョンの違い

当ページのリンクには広告が含まれています。
【解決】Bulk Datetime Changeがインストールできない原因はPHPバージョンの違い

2023年11月から、プラグイン「Bulk Datetime Change」がインストールできない事例が発生しています。

Bulk Datetime Changegがインストールできない

 

開発者によると、PHPのバージョン違いが要因のようです。

そこで本記事では、PHPのバージョンを合わせ、インストールするまでの手順を解説します。

ユミ
初心者向けに図解付きで解説するので、安心してついてきてくださいね!
\アドセンス以外の広告を解説/ 
目次

Bulk Datetime Changeがインストールできない原因はPHPバージョンの違い

このプラグインがインストールできない理由は、

  • プラグインを使用するWordPress側のバージョン
  • プラグイン側のバージョン

この2つが異なるためです。

つまり、両者のPHPバージョンを合わせれば、問題なくインストールできるようになります。

Bulk Datetime Changeをインストールする手順

バージョンを合わせる方法は、2つあります。

  1. WordPress側をバージョンアップする
  2. プラグインのバージョンを変更する

ここでは、開発者の説明通り、プラグイン側のバージョンを変更する形でいきましょう。

手順は3ステップです。

ステップ1:WordPressのバージョンを確認する

まず、WordPress側のバージョンを確認します。

ダッシュボード画面「ツール」→「サイトヘルス」→「情報タブ」内の「サーバー」

WordPressのバージョン

 

確認したら、これをどこかにメモしておきましょう。

 

ステップ2:プラグインをダウンロードし、バージョンを書き換える

次に、ウェブ上からプラグインをダウンロードしていきます。

Bulk Datetime Changeをダウンロードする

Bulk Datetime Changeをダウンロードする

 

ダウンロードしたファイルの中で、「readme」というファイルを探し、開きます。

readmeテキスト

 

「Reauires PHP:8.0」という箇所を、先ほど調べたWordPressのPHPバージョンに書き換えます。

readmeテキスト2

 ▼▼▼

readmeテキスト3

 

書き換えたら、忘れずにファイルを保存しておきましょう。

 

ステップ3:プラグインをインストールする

問題なくPHPのバージョンが同じになれば、以下の手順通りにプラグインをインストールできるようになるはずです。

Zipファイルからプラグインを入れる方法は、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
検索で見つからない場合に有効!ZIP形式でプラグインを直接インストールする方法 WordPressの初期設定が一通り完了したら、次に取り組みたいのが各種プラグインのインストールです。 ブログ教材などを見ながら進めていく方も多いかと思いますが、中に...

あとがき

今回は、Bulk Datetime Changeがインストールできない場合の対処法について、ご紹介しました。

Bulk Datetime Changeの詳しい使い方については、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
日付を一括変更するプラグイン「Bulk Datetime Change」の使い方 ここでは、WordPressのプラグインである「Bulk Datetime Change」について解説いたします。 インストール方法 プラグインの使い方   この2本立てでお届けしていき...
ユミ
追加でアドオンを購入すれば、自動的に更新してくれる機能もあるので、非常に便利ですよ。

 

※GmailやYahooメールをおすすめいたします。Hotmail、iCloudメールでは受信できないことがあります。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初心者向けのブログ術&アドセンスの収益化をメインに発信中/2019年に複数のクリック型広告を組み合わせる「他社広告戦略」を開発/これまでに約50種類の広告を試し、同じアクセス数でもブログの収益性を2倍以上に改善した事例多数/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信しています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次