プラグイン

日付を一括変更するプラグイン「Bulk Datetime Change」の使い方

ここでは、WordPressのプラグインである「Bulk Datetime Change」について解説いたします。

  1. インストール方法
  2. プラグインの使い方

 

この2本立てでお届けしていきますよ。

Bulk Datetime Changeでできること

こちらのプラグインは、過去記事の更新日を一括して変更することが可能です。

Googleは、新しい記事を好む傾向にあります。

本当は一つ一つ丁寧に記事をリライトし、日付の変更を行っていくのが正攻法です。

ただ、現実的に日付の変更を一つ一つやっていくのは効率が悪い場合もあります。

そんな時は、このプラグインを頼って一気にやっていきましょう。

全ての記事を一気に行うと、Googleから不審な動きをしているサイトだと認識される可能性もゼロではありません。そのため、一日20項目ほどを行っていかれるのがおすすめです。

Bulk Datetime Changeのインストール方法

それでは早速、プラグインをインストールしていきましょう。

WordPressダッシュボード画面『プラグイン』→『新規追加』をクリック。

プラグインのインストール

 

『Bulk Datetime Change』と入力し、『今すぐインストール』をクリックします。

Bulk Datetime Changeのインストール方法

インストールされたら、忘れずに『有効化』しておきましょう!

検索しても見つからない場合は、こちらからダウンロードしていきましょう!

Bulk Datetime Changeをダウンロードする

ZIP形式のプラグインをインストールする方法
検索で見つからない場合に有効!ZIP形式でプラグインを直接インストールする方法WordPressの初期設定が一通り完了したら、次に取り組みたいのが各種プラグインのインストールです。 ブログ教材などを見ながら進めて...

Bulk Datetime Changeの使い方

無事インストールされたら、「Bulk Datetime Change」というメニューが出現するので、こちらをクリックします。

Bulk Datetime Changeの使い方

 

そうすると、このような形でこれまでに投稿した記事一覧が表示されます。

Bulk Datetime Changeの使い方2

 

写真を含むメディアも含めて一括更新する場合、「すべての投稿タイプ」のまま(①)、更新したい月を選択し(②)、「絞り込み」をクリック。(③)

Bulk Datetime Changeの使い方3

 

「タイトル」横にチェックを入れると(①)全ての項目が選択されるので、一括変更する日付を指定し、「変更」ボタンをクリックします。(②)「更新」ボタンを押すと(③)、該当の記事が一括で日付変更されます。

Bulk Datetime Changeの使い方4

 

問題なく日付が変更されると、「○件更新しました」と表示されますよ。

Bulk Datetime Changeの使い方5

あとがき

日付を一括で変更するプラグイン「Bulk Datetime Change」のインストール方法及び使い方についてでした。

ユミ
ユミ
作業お疲れ様でした!

\自由度の高い働き方を叶えたいあなたへ/

※コンサルの募集に関しては、不定期にてメルマガ読者さま限定にご案内しております。

ABOUT ME
ユミ
初心者向けのブログ術&アドセンスの収益化をメインに発信中/2019年に複数のクリック型広告を組み合わせる「他社広告戦略」を開発/これまでに約50種類の広告を試し、同じアクセス数でもブログの収益性を2倍以上に改善した事例多数/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信しています
4ヶ月で月100万円を叶えたネタ選定ツール10選▶
見てみる
4ヶ月で月100万円を叶えたネタ選定ツール10選▶
見てみる