>> 未経験から「ブログを仕事にする」メール講座はこちら

【SSL化】この接続ではプライバシーが保護されませんへの原因と対処法【エックスサーバー】

当ページのリンクには広告が含まれています。
この接続ではプライバシーが保護されませんへの対処法

WordPressでサイトの開設をしようとSSL化を試みた際、

「この接続ではプライバシーが保護されません」

と表示されてしまうケースがあります。

この接続ではプライバシーが保護されません

 

SSL化が正しく行えなかった場合に表示される、エラーメッセージです。

そこで今回は、エックスサーバーのユーザー向けに、この原因と対処法についてご紹介いたします。

\アドセンス以外の広告を解説/ 
目次

正しいSSL化の手順

SSL化とは、サイトのURLを”http”から”https”に変更すること。

http://yumitestblog.com/
 ▼
https://yumitestblog.com/

この“s”とは、secure(セキュア、「安全である」という意味)の頭文字です。

ユミ
安全にサイトを運用するために、必ず行いたい手順の一つ

このSSL化を行う際には、

  1. SSL証明書の取得
  2. WordPressアドレスの変更

 

この順番に、2つの手順を踏む必要があります。

しかし、SSL証明書を取得せずにWordPressアドレスをhttpsに変更すると、サイトにアクセスできなくなってしまいます。

この場合、SSL証明書を取得すれば直りますので、安心してください。

httpsに変更後アクセスできなくなった場合の直し方を、以下で解説いたします。

【SSL化】この接続ではプライバシーが保護されませんの原因

【SSL化】この接続ではプライバシーが保護されませんへの原因

正しい手順としては、

「SSL証明書の取得」→「WordPressアドレスの変更(https)」

の順でHTTPS化を行います。

しかし、WordPressアドレスを先に変更してhttpsに変えると、次のように表示されてサイトにアクセスできなくなります。

この接続ではプライバシーが保護されません

※Google chromeの場合
(他のブラウザでは「無効なURLです」など、エラーメッセージが異なることがあります)

この接続ではプライバシーが保護されません

 

この原因は、証明書がないためです。

そのため、SSL証明書さえ取得すれば、サイトにアクセスできるようになります。

SSL証明書は、レンタルサーバーから簡単に取得可能です。

ここでは、エックスサーバー利用者向けに、手順を解説いたします。

対処法はSSL証明書を取得すること(エックスサーバー)

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

右の方にある「SSL設定」をクリック。

SSL設定

 

SSL化したい対象ドメインの横にある、「選択する」をクリックします。

SSL設定2

 

「独自SSL設定追加」タブから対象ドメインを選択し、「確認画面へ進む」より、SSL証明書を取得できます!

SSL設定3

 

承認されたら、

https://○○.com/wp-admin/

にアクセスすると、管理画面への表示ページが表示されるはずです!

ログイン画面

 

 

サイトアドレスの変更についての詳しい手順は、こちらで解説しています↓

あわせて読みたい
エックスサーバーにWordPressをインストールしSSL化するまでの流れ サーバーのレンタルと新規ドメインの取得が完了すれば、いよいよWordPressをインストールしてきましょう。 WordPressとは、ブログやホームページを作成するためのソフト...

 

※GmailやYahooメールをおすすめいたします。Hotmail、iCloudメールでは受信できないことがあります。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初心者向けのブログ術&アドセンスの収益化をメインに発信中/2019年に複数のクリック型広告を組み合わせる「他社広告戦略」を開発/これまでに約50種類の広告を試し、同じアクセス数でもブログの収益性を2倍以上に改善した事例多数/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信しています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次