>> 未経験から「ブログを仕事にする」メール講座はこちら

【SWELL】子テーマの作り方!親テーマのファイルをコピーする方法も

当ページのリンクには広告が含まれています。
【SWELL】子テーマの作り方!親テーマのファイルをコピーする方法も

WordPressのテーマのほとんどは、「親テーマ」「子テーマ」セットで機能させることができます。

初心者の方にとってはこれらの概念はないかもしれませんし、ブログを書くだけであれば、子テーマを入れる必要性もあまりないのも事実です。

一方で、テーマファイルエディターを編集するようなケースでは、子テーマを入れていないことによるデメリットもあります。

ここでは、SWELLを使った子テーマの作り方や親テーマのファイルをコピーする方法をご紹介いたします。

ユミ
SWELLと書きましたが、他のテーマの場合でも考え方は同じです。
\アドセンス以外の広告を解説/ 
目次

親テーマとは?

親子のイメージ

親テーマとは、そのテーマの元となるファイルが集まったテンプレートのこと。

テーマをインストールすると、自動的に有効化されるのはこちらになります。

一般的に「テーマ」と言われるものは、親テーマのことを指しますよ。

子テーマとは?

子テーマとは、親テーマの機能やスタイルを継承するテーマのこと。

親テーマの機能を変更したい場合に使うと便利なのが子テーマです。

SWELLを始めとしたテーマは、定期的に更新があります。

ユミ
新しい機能を追加したり不具合を修正した場合に、新しいバージョンのテーマが提供されるの。

この更新は「親テーマ」に対して行われるので、親テーマのファイル内容を変更している場合、更新の度にリセットされてしまいます。

そこで、親テーマではなく子テーマに変更を加えることで、その変更を維持することができるのです。

少しわかりづらいですが、子テーマは親テーマの内容に「上書きされる」という性質があります。

そのため親テーマがいくら更新されても、その更新の上から子テーマの内容が上書きされるので、以前行った変更が維持されるという仕組み。

親テーマと子テーマの関係

もし子テーマを導入していなければ、テーマの更新がかかる度に、親テーマの変更内容を書き換えないといけません。

こうした手間を省くために、子テーマを作っておかれるといいでしょう。

SWELLの子テーマの作り方

SWELLの子テーマは、親テーマとは別にダウンロードする必要があります。

 

子テーマのダウンロードは、SWELLの公式サイトから可能です。

子テーマのダウンロードはこちら

 

会員サイトのマイページに入り、「swell child.zip」をクリック。

SWELLの子テーマダウンロード方法

 

そうするとzipファイルがダウンロードされますので、そのzipファイルをそのままWordPressにアップロードしていきます。

「外観」→「テーマ」

SWELLの子テーマダウンロード方法2

 

「新規追加」

SWELLの子テーマダウンロード方法3

 

「テーマのアップロード」→「ファイルを選択」から、先ほどのzipファイルを選択します。

SWELLの子テーマダウンロード方法4

 

「今すぐインストール」

SWELLの子テーマダウンロード方法5

 

インストールできたら、子テーマを「有効化」しておきましょう。

SWELLの子テーマダウンロード方法6

 

親テーマのファイルを子テーマにコピーする方法

コピーの方法は様々ありますが、この記事ではFTPソフト「FileZilla」を使用した方法をご紹介します。

ユミ
エックスサーバーなどの「ファイルマネージャ」から行ってもOKです。
あわせて読みたい
【FTPソフト】FileZilla(ファイルジラ)の設定方法【エックスサーバー編】 WordPressのインストールが完了したら、FTPソフトの設定をしていきましょう! FTPソフトとは、サーバーにファイルをアップロードしたり、またはサーバーからファイルを...
あわせて読みたい
FileZilla(ファイルジラ)の設定方法!FTPソフトをインストールしよう【wpX Speed編】 WordPressの導入まで完了したら、FTPソフトをインストールしていきましょう。 FTPソフトとは、サーバーにファイルをアップロードしたり、またはサーバーからファイルを...

親テーマのファイルをコピーする

まずは、FileZillaにログインしていきましょう。

自身のブログのドメイン名を選択→「public_html」→「wp_content」→「themes」の順にクリックすると、親テーマを確認できます。

親テーマを子テーマにコピーする方法

 

「swell」から、コピーしたいファイルをデスクトップなどにドラッグ&ドロップしましょう。

親テーマを子テーマにコピーする方法2

 

ここでは、仮に以下の2つのファイルを抜き出してみます。

  1. 「parts」→「single」→「post_head.php」
  2. 「lib」→「content_filter.php」
①のファイル

親テーマを子テーマにコピーする方法3

 

②のファイル

親テーマを子テーマにコピーする方法4

 

子テーマにファイルをアップロードする

先ほどコピーしたファイルを、子テーマに入れていきます。

テーマを選択する階層まで戻り、「swell_child」をクリックし子テーマにアクセスしましょう。

子テーマにアップロードする方法

 

先ほど親テーマからコピーしたファイルをドラッグ&ドロップすると、子テーマへのコピーは完了です!

子テーマにアップロードする方法2

 

WordPressからアップロードしたファイルを確認しよう

「外観」→「テーマファイルエディター」をクリック。

子テーマを確認する方法

 

編集するテーマ「SWELL_CHILD」内に、先ほどコピーしたファイルが入っていることを確認しましょう。

子テーマを確認する方法2

 

あとは、親テーマを更新する要領でファイルの書き換えをすればOKです!

あとがき

SWELLで、子テーマを導入する方法についてご紹介しました。

今回はFTPソフト(FileZilla)を使ったやり方をご紹介しましたが、サーバー側のファイルマネージャで行ったり、プラグインを使う方法もあります。

どの方法でも導入できますので、やりやすい方法で子テーマを導入してみてくださいね!

 

※GmailやYahooメールをおすすめいたします。Hotmail、iCloudメールでは受信できないことがあります。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初心者向けのブログ術&アドセンスの収益化をメインに発信中/2019年に複数のクリック型広告を組み合わせる「他社広告戦略」を開発/これまでに約50種類の広告を試し、同じアクセス数でもブログの収益性を2倍以上に改善した事例多数/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信しています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次