>> 未経験から「ブログを仕事にする」メール講座はこちら

WordPressにログインせずにプラグインを無効化する方法【エックスサーバー】

当ページのリンクには広告が含まれています。

通常は、WordPressの管理画面からプラグインの設定をすることが一般的です。

しかし、何らかの不具合等によりログインができなくなってしまった場合、他の方法でプラグインを無効化する必要があるでしょう。

ユミ
以前あった事例では、SiteGuard WP Pluginが問題でログインできないケースです。

今回は、WordPressにログインすることなく、プラグインを無効化する方法をお伝えします。

利用者の多いエックスサーバーの画面を用いながら説明していきますが、他のサーバーをお使いの場合であってもやり方は同じです。

\アドセンス以外の広告を解説/ 
目次

WordPressにログインせずにプラグインを無効化する方法【エックスサーバー】

エックスサーバーのファイルマネージャにログインしましょう。

プラグインを無効化したいドメインを選択します。

ファイルマネージャ

 

「public_html」を選択します。

ファイルマネージャ2

 

「wp-content」を選択します。

ファイルマネージャ3

 

「plugins」を選択します。

ファイルマネージャ4

 

今回はsiteguardを無効化するので、「siteguard」→「名前変更」へ。

ファイルマネージャ5

 

ファイル名が表示されるので、これを変更していきます。(※ファイル名を変更すると、プラグインが自動的に無効になります)

ファイルマネージャ6

 

今回は、仮に「siteguard_1」にします。そして「変更」を押していきましょう。

ファイルマネージャ7

 

こちらでプラグインが無効化されました!

管理画面にログインしていきましょう

プラグインが無効化されたら、管理画面にログインできるはずです。

【WordPressのログインURL】

https://○○.com/wp-admin/

 

無事ログインできたら、プラグインのフォルダ名を元に戻します。
(例:siteguard_1 → siteguard)

「プラグイン」内の「インストール済みプラグイン」を見ると、該当のプラグインが無効化された状態になっていますので、必要に応じて再度有効化していきましょう。

SiteGuard WP Pluginの設定方法については、こちらをご覧ください。

あわせて読みたい
トレンドブログのセキュリティ対策!SiteGuard WP Pluginを導入しよう ブログを運営していて、最も怖いのがハッキングなどの不正アクセスですよね。 知らないうちに第三者にログインされて、情報を抜かれていた 身に覚えのない広告が勝手に...

 

※GmailやYahooメールをおすすめいたします。Hotmail、iCloudメールでは受信できないことがあります。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初心者向けのブログ術&アドセンスの収益化をメインに発信中/2019年に複数のクリック型広告を組み合わせる「他社広告戦略」を開発/これまでに約50種類の広告を試し、同じアクセス数でもブログの収益性を2倍以上に改善した事例多数/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信しています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次