マネー

【2019年夏】20代・30代女性のボーナスの平均額はいくら?使い道ランキングも調査!

20代女性のボーナス平均額(2019年夏)はいくら

今年もボーナスの時期がやってきましたね!

毎年この時期になると、「ボーナスが○万だった!」「全く支給されなかった」など、ネットでは様々な声があがります。

そこで、20代・30代女性の2019年夏のボーナス平均額がいくらなのかを調べてみました。

また、ボーナスの使い道ランキングについても併せてご紹介いたします。

2019年夏のボーナスは昨年比の横ばい

ボーナス使い道ランキング(2019年夏)

日本経済新聞社が行った賃金動向調査によると、2019年夏のボーナス平均支給額は前年比の0.05%増の85万815円。

7年連続で前年比に比べてプラスになっているものの、増加率は厳しい数字です。

背景には、中国経済の減速によってボーナス支給額を抑える会社が増えたことが、大きな要因になっているようです。

一方で、人材の獲得競争が激化する中で、企業は従業員の待遇面で難しい選択を迫られているともいえますね。

20代女性のボーナスの平均額はいくら?【2019年夏】

30代女性のボーナス平均額(2019年夏)

ボーナス平均額が85万円と聞くと、自分と比べ落ち込む方もおられるかもしれません。

しかし、この数字は全年代、男女合わせた数字となっていますのでご安心くださいね。(※ボーナス平均額は、女性より男性の方が多い傾向があります)

「20代」と言っても、就職して間もないの20代前半と後半では、平均額に大きな開きがありますので、今回は

  • 20~24歳
  • 25~29歳

に分けて、ご紹介いたします。

一般的にボーナスの平均額は、支給後に調査されます。(※公務員や大企業などは例外)

そのため、今回は政府が行う賃金構造基本統計調査の前年支給額をベースに、ボーナスの各種傾向などを踏まえ、2019年夏のボーナス平均額を算出いたします。

 

まず、2018年夏・冬合わせたボーナス支給額は、このようになっています。

  • 20~24歳…36.1万円
  • 25~29歳…60万円

 

みずほ総合研究所の調査によると、冬のボーナスは夏の支給額の1.05倍になる傾向があります。

また、2019年のボーナス支給額は昨年比の0.05%増になることを踏まえると、2019年の夏のボーナス平均額は、

  • 20~24歳…18.5万円
  • 25~29歳…30.7万円

となります!

30代女性のボーナスの平均額はいくら?【2019年夏】

ボーナス使い道ランキング

次に、30代女性のボーナス平均額についても確認していきましょう。

先ほどと同じく、2018年(昨年)通年でのボーナス平均支給額からご紹介いたします。

  • 30~34歳…64.9万円
  • 35~39歳…67.9万円

 

これを踏まえ、2019年夏のボーナス支給額を先ほどと同じ方法で算出いたします。

  • 30~34歳…33.2万円
  • 35~39歳…34.8万円

20代と違って、30代前半と後半では平均額にあまり開きがないことがわかりますね。

2019年夏のボーナスの使い道ランキング

20代、30代女性のボーナス平均額(2019年夏)

昨年行なわれた日本生命保険相互会社のアンケートをもとに、ボーナスの使い道ランキングをご紹介いたします。

  1. 貯金
  2. 買い物(日用品)
  3. 生活費の補てん
  4. 国内旅行
  5. 買い物(贅沢品)

 

ランキング第1位は『貯金』で、約5割の方が使い道として選んでいます。

年々ボーナス支給額が増えているとはいえ、堅実な方が多いことがわかりますよね。

次いで、買い物(生活費)や生活費の補填があがっており、日々の生活の厳しさが窺えます。

旅行については第4位であるものの、前回調査より減少する形となっており、消費増税を見越して貯金に充てようという方が増えている証拠と言えるでしょう。

あとがき

2019年夏のボーナス平均支給額について、

  • 20代女性
  • 30代女性

に分けてご紹介しました。

20代は前半と後半で大きく支給額が増加する一方、30代の伸び率は小さいことがわかります。

使い道ランキングは、貯金や日用品の買い物、生活費の補填が上位にあることから、堅実な方が多いといえますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

老後2000万円が必要な根拠や生活費の内訳
老後2000万円が必要な根拠や内訳は?食費や家賃がおかしいと指摘も2019年6月3日に金融庁の有識者がまとめた報告書において、公的年金とは別に老後2000万円が必要と試算されたことが物議を醸しています。...