広告運用

オーバーレイ広告の設置方法【JIN・STORK・SANGOユーザー向け】

オーバーレイ広告の設置方法

「オーバーレイ広告をおすすめされたけど、どこにタグを設置したら良いの?」

「headタグやbodyタグって何?」

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、JIN、STORK、SANGOユーザー向けに、WordPressでのそれぞれの設置方法をご紹介いたします。

オーバーレイ広告とは?

オーバーレイ広告は、閲覧している画面上に固定されて表示されるネット広告のこと。

オーバーレイ広告掲載イメージ(320×100pxサイズ)

主にモバイル(スマホ)ユーザー向けの広告となっています。

画面をスクロールしても常に広告が表示されていることから、ユーザーの視認率も高く、収益が上がりやすいといった特徴があります。

headタグとbodyタグについて

headタグとbodyタグ

headとは?

オーバーレイ広告を設置する際、広告会社の担当者から「head内にタグを設置してください」と言われることが多いです。

head内とは、ウェブページ内でいう<head>~</head>の間の部分のこと。

基本的にこの中に入れた情報はコンピューターが読み取るため、私たちがページを見る中でコードの情報を目にすることはありません。(※title要素は別)

そして、この部分はヘッダ情報を記述する場所ですので、ここに広告タグを入れることで、サイト内の全てのページに広告を反映させることができます。

bodyとは?

対してbodyとは、ブラウザに表示される私たちが普段目にする部分です。

見出しタグや段落タグをここに記載することで、サイト上に文章を表示させることができます。

会社によっては、このbody内<body>~</body>にも、併せて広告タグの設置を依頼されるケースもあります。

うーん、、、初心者の方には少し説明が難しく感じられるかもしれませんが、「オーバーレイ広告を入れるには、head内やbody内にタグを設置する必要があるんだな」くらいライトに捉えていただければ、とりあえずOKです。

オーバーレイ広告の設置方法

JIN

JINでオーバーレイ広告を設置する方法は、とってもカンタンです。

headタグを記載する機能が標準搭載されています。

『HTMLタグ設定』

  • 【head内】
  • 【bodyタグの終わり】

 

オーバーレイ広告の設置方法(JIN)

広告タグ貼り付けたら、『変更を保存』して設定は完了です。

STORK

STORKの場合も、設置は比較的カンタンですよ。

『外観』→『カスタマイズ』

オーバーレイ広告の設置方法(STORK)

 

『headタグ・アクセス解析コード』をクリックします。

オーバーレイ広告の設置方法(STORK)2

 

<head>タグ内にheadタグを、<body>タグの後ろにはbodyタグをそれぞれ貼り付けましょう!

オーバーレイ広告の設置方法(STORK)3

最後に『公開』ボタンを押せば設定完了です。

SANGO

SANGOユーザーは、headタグとbodyタグの設置箇所が異なります。

headタグについては、STORKと同じく『外観』→『カスタマイズ』を選択し、『詳細設定』をクリック。

オーバーレイ広告の設置方法(SANGO)

 

『headタグ内にコードを挿入』にheadタグを設置し、『公開』をクリックすれば設置は完了です!

オーバーレイ広告の設置方法(SANGO)2

 

次に、bodyタグの設置についてです。

『外観』→『テーマエディター』をクリック。

オーバーレイ広告の設置方法(SANGO)3

 

『テーマフッター(footer.php)』の</body>の手前に、bodyタグを貼り付けていきましょう!

オーバーレイ広告の設置方法(SANGO)4

※bodyタグ内に設置すればOKですので、<body>直後のheader.phpで設置することもできます。

最後に、『ファイルを更新』しておきましょう!

テーマエディターから設定した場合、テーマ(テンプレート)の更新があった際に設定がリセットされることがあります。

そのため、可能であれば子テーマでの設置をおすすめいたします。

◆SANGOの子テーマの設置はこちらから

WordPressの子テーマとは?安全にカスタマイズを行う方法

※外部サイトに飛びます

他のテンプレートでheadタグに貼り付ける方法

JINやSTORK、SANGOのように、標準機能でheadタグを貼り付ける箇所があれば簡単なのですが、テンプレートによっては直接テーマエディターを編集する必要があります。

ここでは、その設置方法もご紹介しておきますね!

『外観』→『テーマエディター』をクリック。

headタグの設置方法
  1. テーマエディター(header.php)を選択
  2. Ctrl + Fで検索機能を呼び出し、/headで検索(Macの場合は、command + F)
  3. headタグの終わりが見つかります。

 

</head>が見つかれば、その前に改行を入れて・・・

headタグの設置方法2

 

その改行した箇所に、広告会社から送られてきたhead用のタグを追加。

headタグの設置方法3

 

最後は、忘れず『ファイルを更新』しておきましょう!

あとがき

headタグやbodyタグなど、一見難しく感じられるオーバーレイ広告の設置作業ですが、意外とカンタンでしたね!

うまく利用すればサイトの収益性向上に大きく貢献してくれる広告ですので、ぜひこの記事を参考に設置してみてください。

◆Twitterでもブログや広告運用のノウハウを提供しています。
Yumiのツイッターはこちら

◆ぜひプロフィールもご覧ください。
Yumiのプロフィールを見る

在宅ブログで副収入を得る方法を公開中!
見てみる