>> 未経験から「ブログを仕事にする」メール講座はこちら

PS Auto SitemapからWP Sitemap Pageへの切り替え手順まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。

サイトマップ作成の老舗のプラグイン「PS Auto Sitemap」が、2022年10月27日より停止されています。

ps auto

 

最終更新日も7年前となっており、新規インストールもできない状態です。

このまま使用を続けても問題なく使えるケースもありますが、更新が止まったプラグインはメンテナンスが行われません。

そのため、時間の経過とともに脆弱性が高まってしまったり、気づいた時には停止してしまっているなどのリスクもあります。

そこで、代替プラグイン「WP Sitemap Page」への切り替えがおすすめです。

本記事では、

PS Auto Sitemapを使い、固定ページにサイトマップを作成済み

の方を対象として、切替手順を解説いたします。

\アドセンス以外の広告を解説/ 
目次

PS Auto SitemapからWP Sitemap Pageへの切り替え手順

切り替え手順

プラグインを切り替えていく手順は、5ステップです。

  1. 除外記事のIDを確認
  2. PS Auto Sitemapを無効化する
  3. WP Sitemap Pageのインストールと初期設定
  4. サイトマップ固定ページのショートコードを入れ替える
  5. PS Auto Sitemapのアンインストール

順番に見ていきましょう。

除外記事のIDを確認

最初に、現在サイトマップに表示しない除外ID(記事)を設定しているかを確認します。

もし設定されているものがあれば、新しいプラグインに引き継いでいかれるといいでしょう。

「設定」→「PS Auto Sitemap」をクリック。

除外IDの確認

 

「除外記事」にID設定をしている場合、番号を全てコピーしておきましょう。

除外記事のID

 

PS Auto Sitemapを無効化する

次に、旧プラグインを無効化していきます。

WordPressダッシュボード「インストール済みプラグイン」→PS Auto Sitemapの「無効化」をクリック。

プラグインの無効化

 

これで無効化が完了しました!

 

WP Sitemap Pageのインストールと初期設定

次に、新プラグインをインストールしていきましょう。

WordPressのダッシュボード画面『プラグイン』→『新規追加』をクリックします。

PS Auto Sitemapのインストール方法

 

『WP Sitemap Page』と入力し、『今すぐインストール』をクリックします。

WP Sitemap Pageのインストール

インストールされたら、忘れずに『有効化』しておきましょう!

検索しても見つからない場合は、こちらからダウンロードしていきましょう。

WP Sitemap Pageをダウンロードする

あわせて読みたい
検索で見つからない場合に有効!ZIP形式でプラグインを直接インストールする方法 WordPressの初期設定が一通り完了したら、次に取り組みたいのが各種プラグインのインストールです。 ブログ教材などを見ながら進めていく方も多いかと思いますが、中に...

 

 

インストールできたら、設定を行っていきましょう。

「設定」→「WP Sitemap Page」をクリック。

WP Sitemap Pageの設定方法

 

まずは「設定」タブから、確認していきましょう。

WP Sitemap Pageの設定方法2

  1. 一般的な設定:チェックを入れる(GoogleクローラーにはXMLサイトマップでアクセスしてもらうため)
  2. 記事の表示方式:デフォルトのままでOK
  3. 複数表示:チェックを入れる

 

除外ページの設定

「除外するページ」に、先ほどコピーしたIDを貼り付けます。

ユミ
除外する記事がなければ、空白のままでOK

「除外するカスタム投稿タイプ」は、以下のようにしておきましょう。

ページ:チェックを外す
投稿:チェックを外す
アーカイブ:チェックを入れる
著者:チェックを入れる
LP:チェックを入れる

※「CTA」があれば、こちらにもチェックを入れる。

その他の項目はデフォルトのままでOK!

ここまでできたら、「変更を保存」しておきましょう。

 

次に、「使い方」タブを開き、以下のコードをコピーしておきましょう。

WP Sitemap Pageの使い方

 

サイトマップ固定ページのショートコードを入れ替える

コピーできたら、いよいよショートコードの入れ替えです。

「固定ページ一覧」から「サイトマップ」を編集していきます。

固定ページ

 

既に入っているPS Auto Sitemapのコードを削除し、先ほどコピーしたWP Sitemap Pageのコードを貼り付け、ページを「更新」します。

コードの書き換え

※クラシックエディターの場合、「テキスト」タブの方に入れていきましょう。

 

サイトマップのURLへアクセスし、正常にサイトマップが表示されるか確認しておきましょう!

サイトマップの確認

 

このように表示されていたら、新プラグインが機能している証拠です!

 

PS Auto Sitemapのアンインストール

最後に、PS Auto Sitemapをアンインストールしていきましょう。

「インストール済みプラグイン」→「削除」をクリックします。

プラグインの削除

 

こちらでプラグインの切り替え完了です。

ユミ
お疲れ様でした!

あとがき

WordPressを健全に運営していく上で、このようなメンテナンスは非常に大事です。

プラグインの状態も日々変わっていきますので、最新の情報をキャッチアップしながら、更新作業を行っていきましょう。

※GmailやYahooメールをおすすめいたします。Hotmail、iCloudメールでは受信できないことがあります。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初心者向けのブログ術&アドセンスの収益化をメインに発信中/2019年に複数のクリック型広告を組み合わせる「他社広告戦略」を開発/これまでに約50種類の広告を試し、同じアクセス数でもブログの収益性を2倍以上に改善した事例多数/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信しています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次