アドセンス

ads.txtファイルの問題を修正&設置方法を紹介【WPXサーバー+ファイルジラ】

ads.txtの問題を修正する

アドセンス審査に合格し早速管理画面を開いてみたところ、警告文が表示されていて驚かれた方も多いのではないでしょうか?

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

Ads.txtの設置方法

「要注意」「重大な影響」とあるとビックリしてしまいますが、この問題は簡単に修正することが可能です。

そこで今回は、WPXサーバー&ファイルジラ(FileZilla)ユーザー向けに、ads.txtファイルの設置方法を解説いたします。

ちなみに、Google以外の他の広告会社からads.txtコード設置を依頼される場合もありますが、こちらの対応方法についても併せて確認していきましょう!

ads.txtとは?

そもそもads.txt(アズテキスト)とは何でしょうか?

Googleアドセンスのヘルプを見ると、以下のように説明されています。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

出典:Ads.txt に関するガイド

うーん・・・文章だけを見ると少し難しいですが、簡単に言うと、広告の偽造防止や第三者への不正インプレッション販売を防止するためのもの。

ads.txtを設置することで、「このサイトはGoogleから認定された正規のサイト」と宣言でき、そうすることで自分のブログの広告枠が、Google以外の詐欺業者に悪用されるのを防ぐことができます。

もし広告枠が悪用されれば、アドセンス広告がクリックされても収益が発生しないといったことにもなりかねません。

Yumi
Yumi
つまり、ads.txtは広告におけるセキュリティ対策のようなものですね

ads.txtファイルについては、設置しなくても広告を使用することは可能ですが、より安全にアドセンスを運用するために設置しておくことをおすすめします。

それでは早速、ads.txtファイルの設置方法を見ていきましょう!

ads.txtファイルの問題を修正する方法を紹介【WPXサーバー&ファイルジラ】

①ads.txtファイルを作成する

まずは、アップロードするads.txtを作成していきましょう。

メモ帳を開いて、以下のコードをそのまま貼り付けます。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 

そして、アドセンスの管理画面を開き、『アカウント』→『アカウント情報』をクリック。

『サイト運営者ID』を全てコピーします。

Ads.txtの設置方法①

 

そして、先程作成したメモ帳の“pub-0000000000000000”の部分に貼り付けます。

Ads.txtの設置方法②

 

ここまでできたら、『ファイル』→『名前をつけて保存』から、ファイルを保存しておきましょう。

◆ファイル名: ads.txt

②ファイルジラにads.txtファイルをアップロードする

次に、先ほど作成したファイルを、ファイルジラにアップロードしていきましょう。

ファイルジラを開き、サイトに接続してください。

接続方法:『ファイル』→『ファイルマネージャー』→該当のサイトを選択→『接続』

 

そして、一番上のフォルダ『/』に、先ほど作成したads.txtファイルをアップロードします。

※ファイルジラを開くと、自動的にこのフォルダが選択されています。

Ads.txtの設置方法④

 

そして、画像のところにads.txtをドラッグ&ドロップすれば、アップロード完了です!

Ads.txtの設置方法⑤

アドセンス管理画面の警告文は、こちらが反映され次第消えるはずです。

反映までには数日~最長1ヶ月程度かかることもあります。

ads.txtファイルのアップロードを確認する

以上で作業は完了ですが、念の為にきちんとアップロードができているか確認しておきましょう。

検索窓に、

https://〇〇.com/ads.txt

と入力し、検索します。

Ads.txtの設置方法⑥

このように表示されれば、うまく反映されている証拠です!

他の広告会社でads.txtファイルの設置方法を紹介

クリック報酬型の広告ユーザーは、アドセンス利用者が大半ではありますが、一部他社の広告を利用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ads.txtは、DSP広告において偽造防止や不正インプレッションを防ぐためのツールですので、Google以外からもDSP会社とお取引されている場合、設置を依頼されるケースがあります。

DSPとは、Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)の略称で、広告主の広告効果最大化のためのプラットフォームのこと。

DSP広告を用いると、複数のアドネットワーク(広告掲載枠の束)を介して、広告を配信することができます。

代表的な国内DSP会社をご紹介すると・・・

  • 株式会社マイクロアド
  • 株式会社アイモバイル
  • 株式会社ジーニー
  • 株式会社フリークアウト

の4社でしょうか。

もちろん、他にもDSP会社はたくさんありますが、個人単位で取引可能で、実際にお取引をされている方が多いのは、このあたりではないかと思います。

ads.txtファイルの設置方法を紹介【他の広告会社】

Google以外の他の広告の場合も、設置方法は先ほどと全く同じです。

アドセンスとお取引のある方であれば、上の流れで一度ads.txtファイルを作成しているはずですので、このファイルを一度デスクトップなどに取り出します。

Ads.txtの設置方法⑦

 

そして取り出したファイルを開き、広告会社から届いたads.txtコードを、アドセンスの下に貼り付けていきます。

Ads.txtの設置方法⑧
Yumi
Yumi
他社のads.txtコードの中には、非常に長いものもありますよ!

コードを貼り付けたら、メモ帳を上書き保存し、ファイルジラに再度アップロードしておきましょう。

Ads.txtの設置方法⑨

あとがき

少し難しく感じるads.txtファイルの設置ですが、実際にやってみると案外簡単だったのではないでしょうか?

パッと設置を完了させて、記事更新に集中していってくださいね!

アドセンス以外の他の広告を運用してみた
アドセンスと他の広告を併用し全体RPM1000を超えた話【トレンドブログ編】「Googleアドセンスの単価が低い」 「RPMの変動に一喜一憂してしまう」 アドセンスをメインに収益化されている方の中には、このよ...

ブログで月50万稼ぐ方法をメルマガ限定公開中!
無料で登録する