プラグイン

PS Auto Sitemapで目次を設定する方法!固定ページの設定まで

サイトマップ

今回は、WordPressのプラグイン『PS Auto Sitemap』で目次を設定する方法をご紹介いたします。

このプラグインを導入することで、ユーザビリティの向上が図れたり、内部SEO対策をすることができます。

固定ページに設定する方法までを順に解説していきますよ!

サイトマップの役割

サイトマップ2

サイトマップとは、本で言う目次のこと。

コンテンツ(記事)の数が増えてくると、ユーザーはアクセスしたい情報に辿りつくことが難しくなります。

そんな時に目次があれば、どこに何が書いてあるか即時に把握し、興味があるページにすぐにアクセスすることができるようになります。

つまり、ユーザビリティの向上を図る上で、っサイトマップの作成は非常に大切です。

また、PS Auto Sitemapは、一度設定したら新しい記事を更新した際に、自動でサイトマップを作成してくれます。

そんな便利なプラグインの導入方法をわかりやすく解説していきますね。

PS Auto Sitemapで目次作成~固定ページを設定する方法

まずは、PS Auto Sitemapをインストールしていきましょう。

PS Auto Sitemapをインストールする

WordPressのダッシュボード画面『プラグイン』→『新規追加』をクリックします。

PS Auto Sitemapのインストール方法

 

『PS Auto Sitemap』と入力し、『今すぐインストール』をクリックします。

PS Auto Sitemapのインストール方法2

インストールされたら、忘れずに『有効化』しておきましょう!

検索しても見つからない場合は、こちらからダウンロードしていきましょう!

PS Auto Sitemapをダウンロードする

ZIP形式のプラグインをインストールする方法
検索で見つからない場合に有効!ZIP形式でプラグインを直接インストールする方法WordPressの初期設定が一通り完了したら、次に取り組みたいのが各種プラグインのインストールです。 ブログ教材などを見ながら進めて...

固定ページを作成する

次に、サイトマップを表示させる固定ページを作成していきます。

『固定ページ』→『新規追加』

固定ページを作成する方法

 

ユミ
ユミ
ここからは、クラシックエディタとブロックエディタ別にやり方を説明していきますね!

クラシックエディタの場合

以下のそれぞれの項目を入力します。

固定ページを作成する方法2
  1. タイトル…「サイトマップ」と入力します
  2. パーマリンク…URL後半を”sitemap”に指定します
  3. 「公開」ボタンをクリックします

 

そうすると、記事ページの番号(ID)が振り分けられますので、この番号を控えておきます。(※以下の画像の場合、115となります)

固定ページを作成する方法3

 

ブロックエディタの場合

以下のそれぞれの項目を入力します。

ブロックエディタ
  1. タイトル…「サイトマップ」と入力します
  2. 固定ページ内のパーマリンクを”sitemap”に指定します
  3. 「公開」ボタンをクリックします

 

そうすると、記事ページの番号(ID)が振り分けられますので、この番号を控えておきます。(※以下の画像の場合、43となります)

ブロックエディタ2

 

『PS Auto Sitemap』で目次を作成する

クラシックエディタの場合

『設定』→『PS Auto Sitemap』をクリック。

PS Auto Sitemapの設定方法

 

『サイトマップを表示する記事』に、先ほど控えた番号を入力し、『変更を保存』をクリックします。

PS Auto Sitemapの設定方法2

 

すると、画像のような形でコードが表示されますので、これをコピーします。

PS Auto Sitemapの設定方法3

 

そして、『固定ページ』→先ほど作成した『サイトマップ』へ。

エディタのタイプを「テキスト」に切り替え、本文にコピーしたコードを貼り付け、『更新』。

PS Auto Sitemapの設定方法4

 

サイトマップのURL(https://あなたのドメイン名/sitemap/)へアクセスすると・・・

PS Auto Sitemapの設定方法6

このように表示されたら、設定完了です!

ブロックエディタの場合

『設定』→『PS Auto Sitemap』をクリック。

PS Auto Sitemapの設定方法

 

『サイトマップを表示する記事』に、先ほど控えた番号を入力し、『変更を保存』をクリックします。

ブロックエディタ3

 

すると、画像のような形でコードが表示されますので、これをコピーします。

ブロックエディタ4

 

そして、『固定ページ』→先ほど作成した『サイトマップ』へ。

「+」ボタンから「カスタムHTML」を探し、クリックします。

ブロックエディタ5

 

下の画像のように、先ほどコピーしたコードを貼り付け、『更新』。

ブロックエディタ6

 

サイトマップのURL(https://あなたのドメイン名/sitemap/)へアクセスすると・・・

ブロックエディタ7

このように表示されたら、設定完了です!

あとがき

今回は、PS Auto Sitemapで目次を作成する方法をご紹介しました。

作成したサイトマップを訪問したユーザーが見れるようにするには、グローバルメニューに設定しておくと良いですね。

\時間や場所にとらわれない働き方を叶えたいあなたへ/

ABOUT ME
ユミ
ブログコンサルタント(主にアドセンス)/複数のネット広告を組み合わせて、収益性の高いブログを作るのも得意/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信中
未経験からブログ起業でフリーランスになる方法
無料メルマガはこちら
未経験からブログで稼ぐ方法を無料公開中!
メルマガを見る