>> 未経験から「ブログを仕事にする」メール講座はこちら

【2024年】エックスサーバーでサブディレクトリをSSL化する方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

エックスサーバーで作ったサブディレクトリを、SSL化する手順をご紹介していきます。

これをすることで、安全にサイトを運営できるようになりますよ。

サブディレクトリの作成がまだの方はこちらから↓

あわせて読みたい
エックスサーバーでサブディレクトリを作成する方法!WordPressインストールまで 特定ドメインの直下に作成したサイトのことを「サブディレクトリ」といいます。 ここでは、エックスサーバーで新しくサブディレクトリを作り、WordPressをインストール...
\アドセンス以外の広告を解説/ 
目次

SSL化とは?

SSL化とは、サイトのURLを”http”から”https”に変更すること。

http://ym-life.com/
 ▼
https://ym-life.com/

この“s”とは、secure(セキュア、「安全である」という意味)の頭文字です。

SSL化されていない場合、「保護されてない通信」という表示がされてしまい、個人情報の流出や改ざんなどの事態に見舞われてしまうこともあります。

エックスサーバーでサブディレクトリをSSL化する方法(2024年)

SSL化するには、

  1. サーバー内で行う作業
  2. WordPress上で行う作業

の2つが必要になります。

サーバー内で行う作業

まずは、エックスサーバーのファイルマネージャにログインしましょう。

ログインすると、ファイルマネージャ内にあるフォルダがずらっと表示されますので、この中でSSL化したいルートドメインをダブルクリックします。

「http://ym-life.com/○○」のような形でサブディレクトリを作成した場合は、「ym-life.com」を選択すればOK!

サブディレクトリをSSLする手順

 

そうすると、さらにフォルダが表示されるので「public_html」をダブルクリックします。

サブディレクトリをSSLする手順2

 

その中から、今回SSLしたいサブディレクトリを選択します。

サブディレクトリをSSLする手順3

 

さらにその中から「.htaccess」をクリックして指定し、「編集」ボタンを押します。

サブディレクトリをSSLする手順4

ユミ
「.htaccess」の背景が水色になっていたら、指定されている状態です。

 

すると、このようなコードが表示されます。

サブディレクトリをSSLする手順5

 

SSL化するためには、一番上の行にコードを追記する必要があります。

そのため、最初の行で改行(Enter)ボタンを押します。

サブディレクトリをSSLする手順6

 

そして、ここに以下のコードを追記していきましょう。(コピペ推奨)

# BEGIN リダイレクト
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L] </IfModule>
# END リダイレクト

 

追記したら、このようになります。

サブディレクトリをSSLする手順7

最後に、「更新」ボタンを押して保存しておきましょう。

これで、サーバー内で行う設定は完了です!

WordPress上で行う作業

次は、WordPress上での作業に移っていきましょう。

ダッシュボード画面から「設定」→「一般」へ進みます。

「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」に、「s」を付け加えて「https」にします。

サブディレクトリをSSLする手順8

 

最後に、一番下の「変更を保存」を押せば設定完了です!

保存ボタンを押すと強制ログアウトされ、ログインページに遷移してしまうことがあります。その場合、再度ログインすれば問題ありません。

 

ユミ
設定お疲れ様でした!
※GmailやYahooメールをおすすめいたします。Hotmail、iCloudメールでは受信できないことがあります。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初心者向けのブログ術&アドセンスの収益化をメインに発信中/2019年に複数のクリック型広告を組み合わせる「他社広告戦略」を開発/これまでに約50種類の広告を試し、同じアクセス数でもブログの収益性を2倍以上に改善した事例多数/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信しています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次