アドセンス

アドセンスの広告コードは4つに分けて発行しよう【初心者向け】

広告タグは4つに分けるべし

今回は、Googleアドセンスを初めてサイトに設置する方向けに、広告コードの取得方法を解説していきます。

アドセンスには様々な広告がありますが、最初に発行したい広告コードは全部で4つ

4つに分けることをおすすめする理由についても、説明していきますね。

アドセンス広告の種類

2021年現在、Googleアドセンスが提供しているアドセンス広告は以下の5種類。

アドセンスの広告コードの種類
  1. ディスプレイ広告
  2. インフィード広告
  3. 記事内広告
  4. 関連コンテンツ
  5. 検索エンジン広告

以前は「リンク広告」というものがありましたが、2021年3月でこの広告が廃止され、替わりに検索エンジン広告が新しく加わっています。

また、関連コンテンツについては、サイトのPV数が増えてきたら使えるようになるものですので、最初は一覧に表示されません。

【アドセンス】関連コンテンツユニットの解放条件~設置方法を解説!Google AdSense広告の中でも、比較的新しいサービスである『関連コンテンツユニット』。 設置できればサイトの収益性アップが期...

4つの広告コードとは?

広告タグを分ける理由

この5つの中で、最初に導入したいのは『ディスプレイ広告』だけ!

関連コンテンツについては解放され次第設置したいところですが、最初は使用できないのでまずはディスプレイ広告のみでOKです。

ユミ
ユミ
他の広告は使い勝手が悪かったり、収益性が低かったり…と私自身は積極的におすすめしていません。

 

このディスプレイ広告を、以下の4つのコードに分けて発行していくのがおすすめです。

  1. ディスプレイ広告1(タイトル下)
  2. ディスプレイ広告2(目次上)
  3. ディスプレイ広告3(記事中)
  4. ディスプレイ広告4(記事下)

 

2021年現在、アドセンス広告は一つのコードを記事中に「いくつでも」貼ることが可能です。

つまり、ディスプレイ広告を一つだけ発行して、そのコードを使い回すこともできます。

しかし、あえて私が設置箇所別に4つに分けてコードの発行をおすすめしているのは、その方が枠ごとの収益性を分析しやすくなるため。

枠ごとに分けることで、

「タイトル下の広告1枠で、どのくらい収益が出ているのか」
「どの広告が、一番収益性が高いんだろう?」

といった分析が、後々できるようになります。

ユミ
ユミ
全て同じ広告コードを貼っていたら、「全部で○円」という数字しかわからないのよね…。

そのため、広告コードを発行する場合は必ず4つに分けておくようにしましょう。

広告コードを取得する方法

それでは早速、広告コードを取得する方法についてです。

まずは、アドセンスの管理画面にログインします。

 

『広告』⇒『広告ユニットごと』⇒『ディスプレイ広告』をクリック。

広告コードの発行方法

 

以下の箇所に、それぞれ入力&設定していきます。

広告コードの発行方法2

 

①広告ユニットの名前を入力します。
※「タイトル下」「目次上」など設置箇所を入れておくと、後々見返した時にわかりやすいのでおすすめです。

②「レスポンシブ」のままでOK。これを選択しておくと、スマホやPC、タブレットなどデバイスに応じて自動的に広告サイズが調整されます。

③「作成」をクリックすると、広告コードの発行は完了です!

 

こちらが、実際にWordPressに設置する広告コードになります。

広告コードの発行方法3

 

ひとまず「完了」をクリックしてこの画面を閉じ、同じ流れで

  • ディスプレイ広告(目次上)
  • ディスプレイ広告(記事中)
  • ディスプレイ広告(記事下)

 

のコードをそれぞれ取得していきましょう!

広告コードをブログに掲載しよう

4つの広告コードが取得できたら、早速ブログに掲載していきます。

発行した広告コードは、『広告』⇒『広告ユニットごと』の「既存の広告ユニット」から「コードを取得」をクリックすると、確認することができますよ。

広告コードの発行方法4

今回は、利用ユーザーも多いJINとSWELL別に、それぞれの設置方法をご紹介していきます。

広告コードを発行したばかりの場合、すぐには表示されないことがあります。

その場合、少し時間を置いてから広告が表示されるかを確認してみてください。

JINユーザーの方

JINをお使いの方は、タイトル下、目次上、記事下については「広告管理」から設定が可能です。

【WordPress】設置箇所別に広告の貼り方をまとめてみた!(JIN)WordPressを使用していて、「どうやって広告を設置したら良いかわからない・・・」とお悩みではありませんか? 一般的な広告の設置箇...

 

記事中については、WP QUADSというプラグインが使いやすいですよ。

WP QUADS
簡単!WP QUADSで記事内の広告を設定しよう【旧版】記事内に広告を設置する際におすすめなのが、『WP QUADS』というプラグイン。 このプラグインを使えば、広告タグをショートコードで好...

SWELLユーザーの方

SWELLをお使いの方は、テーマの標準機能のみで全ての広告枠の設定ができますよ。

こちらの記事をご参考に。

SWLLで広告を設置する
【WordPress】設置箇所別に広告の貼り方をまとめてみた!(SWELL)アドセンス審査に合格したものの、「広告の設置方法がイマイチよくわからない」とお悩みではありませんか? 一般的な広告の設置箇所としては、...

あとがき

広告コードが設置できれば、いよいよブログで収益化できるようになっていきます。

間違いがないように一つ一つ丁寧に広告コードを設置し、でき次第ブログの更新を進めていきましょう!

\時間や場所にとらわれない働き方を叶えたいあなたへ/

ABOUT ME
ユミ
ブログコンサルタント(主にアドセンス)/複数のネット広告を組み合わせて、収益性の高いブログを作るのも得意/月収10~420万円の収入を得るコンサル生さんを輩出中/ブログで収入を得たい初心者の方へ、無料のメールマガジンを配信中
ブログでフリーランスになるための無料メルマガ
見てみる